書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

遥かなる目的地

ケンペルと徳川日本の出会い

在庫あり
ベアトリス.M.ボダルト=ベイリー,デレク・マサレラ 編/中直一,小林百合子 訳
四六判 310ページ 上製
定価3500円+税
ISBN978-4-87259-064-7 C1023
奥付の初版発行年月:1999年07月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

徳川綱吉を「偉大で卓越した支配者」と評したのはドイツ人医師で博物学者のケンペルである.彼は元禄期に来日し3度綱吉に謁見したが,その印象は通例の評価とは全く異なっている.
また,ケンペルの著書『日本誌』は,日本の社会・政治・宗教・動植物を観察,ヨーロッパ人の日本研究に大いに貢献した.
本書は,世界史の視点で元禄日本を見たケンペルについての最新の研究成果である.  

目次

1章 序章:遥かなる目的地
[B.M.ボダルト=ベイリー]
2章 『日本誌』を書いたのは誰か
[B.M.ボダルト=ベイリー]
3章 日蘭仲介者への注解
ケンペルの日本人協力者
[P.v.d.フェルデ]
4章 失われた過去の習慣
日本の天皇についてのケンペルの奇妙な記述
[C.ブラッカー]
5章 ケンペルの名を得た植物
日本植物史についてのケンペルの研究
[W.ムンチック]
6章 『日本誌』史
ケンペル『日本誌』原稿の購入と出版
[D.マサレラ]
7章 イメージの変換
ケンペル『日本誌』に見られる挿し絵と版画
[J.シュマイサー]
8章 終章:探求心と知性の人びと
[D.マサレラ]