書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

書芸術の地平

その歴史と解釈

品切れ・重版未定
萱 のり子 著
B5判 322ページ 上製
定価8000円+税
ISBN978-4-87259-067-8 C3071
奥付の初版発行年月:2000年03月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

「書」は,書き直しのない1回の所作によって線が引かれ,そこに形象ができる.近代的芸術として今日に生きている書を「書く」という行為から見るとき,新たな美が現れるのではないか.
書道家でもある著者の目は,伝統的作品の中に古代人が筆をもつ時の心の動きを読み,かなの生まれる様子を跡づけていく.
こうした視点から,日本は中国の文字や書をどのように受け入れ,どのように変容させたのか,そして書くという行為からますます離れていく現代人にとって,書の課題とは何かを提示している. 

目次

1部 中国の書 造形理念/「自然」の実現/書の抽象性/筆意を読む
2部 かなの美の端緒/和歌と女手の結ぼれ/作品世界の形成/書表現の自律
3部 線と形象の営み書における線の意味/書と近代/作品の在りか/線・形象・時間
結  書くことからの問い 書くことへの問い
*索引 原色・単色図版つき