書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

Causal Relations and Clause Linkage

Consequential Participle Clauses and Their Use

在庫あり
内田 充美 著
A5判 266ページ 上製
定価6000円+税
ISBN978-4-87259-082-1 C3082
奥付の初版発行年月:2002年03月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

英語とフランス語の現在分詞構文の分詞節のもつ機能に関する新知見。
 一見、例外と見えた構文が実は人間の認知の流れに沿った節の接続方法が使用されていることをさまざまなコーパスから得られた実例を分析し、明らかにしている。 

目次

【Contents】
1 Introduction
2 Review od Major Current Studies
3 Preliminary Surveys
4 Information Structure
5 Structual and Semantic Properties of Clause Linkage
6 Toward a Unified Account of Phenomena
7 Consequential Participle Clauses in French
8 Concluding Remarks  

著者略歴

内田 充美(著)(ウチダ ムツミ)


(上記内容は本書刊行時のものです。)