書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

近代日本の未成年者処遇制度

在庫あり
田中 亜紀子 著
A5判 242ページ 上製
定価4000円+税
ISBN978-4-87259-198-9 C3032
奥付の初版発行年月:2005年11月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

明治33年「感化法」、ならびに明治41年「改正感化法」の研究は、単に過去一時期における未成年者問題に関する知識を提供するに留まらず、現在の未成年者を考える上での素材の一つとなり、なおかつ現在の児童福祉法およに少年法の原点に位置する。
 

目次

第1章 明治33年感化法の背景
第2章 未成年者犯罪者に対する外からの視線
第3章 感化法構想
第4章 感化法制定
第5章 明治期における刑事事件と「未成年犯罪者」
第6章 明治33年以降の未成年者処遇
第7章 明治41年感化法制定
終章  近代日本の未成年者処遇制度