書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

大阪大学総合学術博物館叢書5

巨大絶滅動物 マチカネワニ化石

恐竜時代を生き延びた日本のワニたち

在庫あり
小林 快次,江口 太郎 著
A4判 96ページ 並製
定価2400円+税
ISBN978-4-87259-215-3 C1345
奥付の初版発行年月:2010年06月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

ほぼ完全な形で出土した巨大なワニ化石は,日本
で初めて1964年に大阪大学豊中キャンパスで発
見されたワニであり,土地の名前からマチカネワ
ニと名付けられた.世界的にも重要なこの化石骨
を,恐竜学の専門家が最新の技術で分析し,新た
な知見を分かりやすく解説.化石からいろいろな
ことがわかる.その後に出土した日本各地のワニ
化石,迫力の現代のワニたちもカラーで紹介. 

目次

Ⅰ 巨大ワニ化石の発見

マチカネワニ化石の発見
マチカネワニ化石の復元

Ⅱ ワニのからだ

ワニはどのような動物なのか
ワニの頭部
ワニの耳
ワニの鼻
ワニの歯
ワニのからだと手足
ワニ類の進化
現代のワニ
ワニの分布
アリゲーター科
クロコダイル科
インドガビアル科
熱川バナナワニ園の紹介


Ⅲ マチカネワニ大解剖

研究史・発見と命名
巨大なマチカネワニ
鼻先の長い頭骨
歯と捕食
マチカネワニの歯
成長による食性の変化
ワニはどのようにして物を食べるか
化石骨からわかること―脊椎骨と年齢
マチカネワニの年齢
肋骨と鱗板骨
骨と前肢
腰と後肢
“世界で一つ”マチカネワニ、タイプ標本の展示
ワニたちの関係―系統解析
マチカネワニはどこから来たのか?
マチカネワニは現在最も近いワニ―マレーガビアル―
マチカネワニの棲んできた環境
新しい技術によって暴かれるマチカネワニ化石の中身―CTの活用

Ⅳ 世界からのコメント

トミストマ亜科の進化―クリストファー・ブロシュー
東南アジアのトミストマ亜科―?肖春
イタリアのトミストマ亜科―マシモ・デルフィノ
現生ワニの生物機能から考えるマチカネワニの噛む力―グレゴリー・エリクソン、ポール・ギグナック
マレーガビアルの歩き方―久保泰
東南アジアのマレーガビアル属における属の多様性について―タラ・シング

Ⅴ 日本各地の仲間たち
日本に棲んだいたマチカネワニの仲間
もう一頭の“マチカネワニ”といわれてきたキシワダワニ
静岡県から発見されたトミストマ亜科、ヤゲワニ

おわりに
参考文献
謝辞
著者紹介

 

著者略歴

小林 快次(著)(コバヤシ ヨシツグ)
北海道大学総合博物館 准教授
(兼務)北海道大学理学院

江口 太郎(著)(エグチタロウ)
大阪大学総合学術博物館 館長・教授
(兼務)大阪大学大学院理学研究科

(上記内容は本書刊行時のものです。)