書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

大阪大学総合学術博物館叢書6

東洋のマンチェスターから大大阪へ

経済でたどる近代大阪のあゆみ

在庫あり
阿部 武司,沢井 実 著
A4判 96ページ 並製
定価2100円+税
ISBN978-4-87259-216-0 C1321
奥付の初版発行年月:2010年11月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

幕末、維新期の政治・経済・社会の混乱により大きな打撃を受けた大坂経済であったが、明治中期以降、五代友厚などの活躍により、、綿紡績・鉄道などを中心に、それを支える商社や銀行などの活動が一体となって「東洋のマンチェスター」と呼ばれるようにまで成長し、日本の工業化の先頭に立つようになった。

その勢いは、第一次世界大戦後ますます増し、繊維産業だけではなく重化学工業や雑貨産業も発展し、大正末・昭和初期には全国一の工業都市として「大大阪」を自負するに至った。

しかし戦時期になると、軽工業、中小企業の多かった大阪経済の比重はふたたび低下しはじめ、1939年にはその地位を東京に譲り、この辺りから大阪の「地盤沈下」が議論されるようになる。

本書では、大阪大学総合学術博物館・経済学研究科資料室が所蔵する貴重な資料(当時の銀行や化粧品など企業広告など)をカラーページにて紹介しながら、その大阪の発展と衰退の歴史を紹介してゆく。
 

目次

図版

大阪経済の繁栄
五台友厚と大阪の復興
住友と鴻池
東洋のマンチェスター
東洋の化粧王
森下仁丹とイトーキ

Ⅰ 近世の大阪経済とその危機
(1)大坂経済の繁栄
(2) 大坂経済の衰退
(3)大阪経済の復興と五台友厚

Ⅱ 住友と鴻池
(1)住友
(2)鴻池

Ⅲ 大坂の工業化
(1)「東洋のマンチェスター」
(2)重化学工業化
(3)その他の諸産業
(4)産業発展のための基盤整備
(5)企業家のフィランソロピー

Ⅳ 「大大阪」の時代
(1) 都市化の進展
(2) 関市政の展開
 

著者略歴

阿部 武司(アベ タケシ)
1952年東京に生まれる。1982年東京大学大学院博士課程修了。
(現職)大阪大学大学院経済学研究科 教授
(専門)近代日本経済史・経営史

沢井 実(サワイ ミノル)
1953年和歌山県に生まれる。1983年東京大学大学院博士課程修了。
(現職)大阪大学大学院経済学研究科 教授
(専門)近代日本経済史・経営史

(上記内容は本書刊行時のものです。)