書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

武器と弥生社会

在庫あり
寺前 直人 著
A5判 354ページ 上製
定価5500円+税
ISBN978-4-87259-232-0 C3021
奥付の初版発行年月:2010年05月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

縄文の伝統が、弥生の多様な武器を生んだ。

石剣、石鏃、石戈などの武器形石器や銅剣、武器形木器、そして石棒に対する独自の型式分類と出土状況の検討から、弥生時代開始期における武器普及の低調さと中期における北部九州社会と畿内社会の違いを提起し、日本列島に到来した最初の武器と人との関係を解き明かす。 

目次

序章 本書の目的と課題
1 本書の目的
2 本書の方法
3 本書の課題

第1章 武器の型式学
1 研究史上の課題
2 本書の提示する武器体系

第2章 武器の伝来
1 磨製短剣の伝来
2 磨製石鏃の波及
3 弥生時代開始期における武器の特質

第3章 金属器時代の武器‐弥生時代中期における新たな展開
1 石戈出現
2 武器形金属器の出現と展開
3 打製石鏃の変質過程

第4章 石製短剣と社会
1 磨製短剣の多様性
2 打製短径の起源と展開
3 石製短剣の社会的機能

第5章 武器と儀礼
1 石棒類の変遷
2 石棒類の社会的機能
3 武器形祭器の出現とその背景

終章 武器と弥生社会
1 本書で明らかにした型式学的成果
2 武器の地域性
3 本書の成果に基づく弥生社会の復元
4 武器と二つの弥生社会


参考文献
遺跡文献
遺跡分布図
あとがき
索引(遺跡名・事項)
図表出典 

著者略歴

寺前 直人(テラマエ ナオト)
大阪大学文学研究科埋蔵文化財調査室 助教

(上記内容は本書刊行時のものです。)