書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

異説・日本近代文学

在庫あり
出原 隆俊 著
A5判 312ページ
定価3600円+税
ISBN978-4-87259-357-0 C3095
奥付の初版発行年月:2010年01月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

著者は「ある作家の文学作品の背後にある別の作
家の影響を探る」という意図のもとに,透谷や一
葉,漱石,鴎外,芥川らの作品内部の関連を明か
す(本書Ⅲ「典拠と借用」).Ⅰ「内部と外部」では
透谷・鏡花・三島らの作品を特色づける内部の目
と外部の目について,Ⅱ「作品論再考」では新し
い角度から『にごりえ』や『心』『舞姫』を分析する.
もう一つの目で読解する日本近代文学史. 

目次

Ⅰ〈内部〉と〈外部〉

1 〈内部〉と〈外部〉という問題‐日本近代文学の一面‐
2 北村透谷における〈内部〉と〈外部〉
3 透谷と鑑三・透谷と愛山の一側面
4 泉鏡花作品のおける〈内〉と〈外〉‐〈魔)を中心に‐
5 〈心〉と〈外部〉‐漱石作品の一端‐
6 三島作品における(内部)と(外部)‐『金閣寺』を中心に‐

Ⅱ 作品論再考

7 樋口一葉『にごりえ』の〈彼の人)
8 森鴎外『高瀬舟』異説
9 Kの代理人としての「私」‐漱石『心』における言葉の〈連鎖〉について‐
10 三島由紀夫『金閣寺』の構成意識
11 洋行と“からゆき”‐反『舞姫』小説の位相‐

Ⅲ 〈典拠〉と〈借用〉

12 「他界」と「崇高」
13 お力の登場
14 水揚げ・出奔・《孤児》物語‐『たけくらべ』の美登利の変貌
15 裏側から読む漱石『心』
16 芥川龍之介『疑惑』と鴎外・志賀直哉

あとがき
初出一覧
作家名索引
 

著者略歴

出原 隆俊(イヅハラ タカトシ)
1951年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程中退。県立広島女子大学、京都教育大学を経て、89年大阪大学文学部教授、99年より大阪大学大学院文学研究科教授。

(上記内容は本書刊行時のものです。)