書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

ロボット演劇

在庫あり
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター 編
A4変判 82ページ 並製
定価1500円+税
ISBN978-4-87259-359-4 C1474
奥付の初版発行年月:2010年02月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

国際的に活躍中の二人の天才,ロボット学者石黒
浩教授と劇作家・演出家の平田オリザ教授のコラ
ボレーションにより生まれた世界初の試みである
ロボット演劇をビジュアルに紹介する.二人の対
談を軸に,ロボット役者wakamaruの産みの親
やプログラミング担当者のエッセー,言語学から
みた評価などを織り交ぜ,科学と芸術,哲学が
融合した境地を描き出す.平田オリザ作「働く私」
台本も完全掲載. 

目次

(メッセージ)
■ロボット演劇「働く私」に寄せて(鷲田清一 大阪大学総長)

(制作過程)
■ロボット演劇「働く私」が上演されるまで

(プロフィール)
■平田オリザ・石黒浩

(対談)ロボットが演劇? ロボットと演劇!?
■平田オリザ×石黒浩 金水敏(司会)

(台本)
■ロボット演劇「働く私」(平田オリザ)

(エッセイ)
■ロボット研究とは人間の心を知ること(石黒浩)
■ロボット演劇の開発(黒木一成)
■「ええ、まぁ」の言語学(金水敏)

(ロボット)
■コミュニケーション・ロボット「WAKAMARU」