書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

臨床医工学・情報学スキルアップシリーズ2

臨床試験の統計的エッセンス

品切れ・重版未定
濱崎 俊光 編/倉智 嘉久 監
B5判 120ページ 並製
定価4000円+税
ISBN978-4-87259-364-8 C3047
奥付の初版発行年月:2010年03月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

大阪大学臨床医工学融合研究教育センター(MEIセンター)では、生命科学・医学系、工学系、情報科学系の分野を横断し、企業・研究機関の研究者や技術者、専門家などへ講義、演習し、プロフェッショナルな人材を送り出してきた。

本書はそのセンターに蓄積された技術や知識、研究成果などを、 医学に精通した工学・情報科学系研究者、および工学,情報科学に精通した医学系関係者の養成を目的に企業・大学の研究者,医師,医療従事者および大学院生を対象に、初心者向けに書かれたテキストシリーズである。

第2巻は昨今需要の高い医学統計学にスポットを当てて構成。  

目次

第1部 臨床試験と統計学

1 はじめに
2 臨床試験の発展と歴史
3 臨床試験のおける統計学の寄与と歴史
4 臨床試験で考慮すべき事項
5 本書の構成

第2部 臨床試験における確率化操作の役割とその方法

1 臨床試験と確率化操作
2 科学研究における確率化操作の試行の歴史
3 確率化操作の諸法
4 確率化操作の方法と性能比較
5 確率化操作の役割と恩恵
6 確率化操作に対する批判
7 確率化操作の実施上の注意点

第3部 臨床試験の被験者数の設定
1 被験者数の設定の意義と重要性
2 種々の試験デザインにおける被験者数決定の考え方

第4章 臨床試験における分散分析
1 はじめに
2 2元分類データ
3 繰り返し測定データの解析  

著者略歴

濱崎 俊光(ハマサキ トシミツ)
大阪大学大学院医学系研究科内科系臨床医学専攻

倉智 嘉久(クラチ ヨシヒサ)
大阪大学大学院医学系研究科病態制御医学専攻教授
大阪大学臨床医工学融合研究教育センター センター長

(上記内容は本書刊行時のものです。)