書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

中世大越国家の成立と変容

在庫あり
桃木 至朗 編
B5判 482ページ 上製
定価9500円+税
ISBN978-4-87259-381-5 C3022
奥付の初版発行年月:2011年02月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

 「北部ベトナム」と呼ばれる地域が10世紀に中華帝国の
支配から「独立」した.本書は,ベトナム史で「李陳時
代」と呼ばれ,李と陳の二王朝が継起した11-14世紀
の社会経済的・政治的変化を研究対象とする.[主要目
次]一・ 李陳時代の農業社会と土地制度 二・ 金石文
に見る14世紀の農村社会 三・ 10-15世紀の南海交
易と安南国家 四・ 10-15世紀の対外関係と帝国意識
五・ 一家の事業としての李朝 六・ 李朝の地方支配 
七・ 一族の事業としての陳朝 八・ 陳朝の地方支配 

目次

序 章 対象と問題設定1

第一節 地域と時代
1 北部ベトナム地域  
2 出発点:10 世紀の「独立」 
3 到達点:15 世紀の「黄金時代」  

第二節 史料
1 漢喃文献  
(1 )収集・所蔵機関と目録学・文献学  ( 2 )編年体史書  ( 3 )地誌
(4 )詩文  ( 5 )神話伝説  ( 6 )仏教文献  ( 7 )その他の近世文献
2 金石・考古史料  
3 外国史料  

第三節 研究史
1 ベトナム  
(1 )近代的歴史学と出版
(2 )李陳時代に関する研究史
  ①通史と李陳時代史 ②歴史地理・地方史と人物研究 ③経済と社会
  ④国家と統治体制 ⑤戦争と外交 ⑥宗教・思想と国家= 民族意識 ⑦文化・芸術
2 フランス東洋学  
3 東アジア漢字圏とロシア(旧ソ連)の研究  
4 英語圏の学界と東南アジア地域研究  
5 日本の学界  

第四節 本書の問題設定と方法


【第一部 経済構造と国際環境】

第一部の課題

第一章 李陳時代の農業社会と土地制度に関する論点整理

第一節 土地分類と田租
1 公田と私田、官田と民田  
2 田租の復元  

第二節 土地の分布・規模と収取形態
1 寄進と経営の規模  
2 国家直営田の分布と税役  

第三節 人口と人民編成
1 開発と人口の変遷  
2 人民編成  
まとめ

第二章 金石文に見る14 世紀の農村社会

序 言

第一節 陳朝金石文が伝える寄進情報―内容と記載法―

第二節 寄進主体と規模
1 王侯による大規模な寄進  
2 在地有力者層による中小規模の寄進  
3 女性による寄進  

第三節 金石文から読み取れるもの
1 国家による人民・土地の把握状況  
2 中小規模の寄進と寄進者の地位 
3 女性の寄進戦略?  
まとめ

第三章 10?15 世紀の南海交易と大越= 安南国家

第一節 独立初期の国際交易

第二節 初期大越= 安南国家の交易支配

第三節 交易上の地位低下と内向化?

第四節 黎朝前期の大越= 安南が琉球のライバルだった可能性
1 領土拡大と新しい輸出品  
2 対明朝貢貿易の評価  
まとめと展望

第四章 10?15 世紀の対外関係と国家意識

序 言

第一節 「北」との関係と「南国」の「歴史」「領域」
1 広がる歴史と神話  
2 現実の国土の認識  

第二節 「南国」の「南」
1 初期大越= 安南国家の「南進」  
2 チャンパー攻撃の意味  

第三節 「西」―雲南からラオスへ―

第四節 「ベトナム型華夷秩序」の形成


【 第二部 中央政権と地方支配】

第二部の課題

第五章 一家の事業としての李朝 1

序 言

第一節 系譜の復元

第二節 父系王朝の成立と異姓勢力

第三節 皇帝の家族・親族の役割
1 男性皇族 
2 女性皇族 
3 皇帝の妻と母  

まとめ

第六章 李朝の地方支配

序 言

第一節 軍事行動と地方支配
1 軍事行動の対象地域と政治統合の地域的枠組  
2 軍事行動の主体と機能  

第二節 地方統治単位の呼称と機能
1 路制に関する諸学説  
2 対立を止揚するための仮説  
3 上級単位と基礎単位 
4 統治拠点としての行宮 

第三節 地方統治者の称号と機能
1 州の統治者 
2 府の統治者  
まとめ 269

第七章 一族の事業としての陳朝

序 言

第一節 帝位継承と婚姻
1 帝位継承  
2 婚姻  

第二節 宗室男性の役割
1 上皇・皇帝・皇太子  
( 1 )上皇制  ( 2 )聖慈宮  ( 3 )皇太子
2 高位高官の独占  
( 1 )宗室宰相制  ( 2 )宰相となった人々  ( 3 )制度上の特徴
3 仏教と軍事行動  

第三節 宗室女性と皇帝の妻たちの役割
1 皇太后と国母 
(1 )称号  ( 2 )活動
2 皇帝の妻  310
3 公主など宗室の女性たち  
(1 )称号  ( 2 )「私通」する公主たち

第四節 父系同族集団の確立と異姓官僚の進出
1 父系同族集団  315
2 宗室の衰退と異姓官僚の進出 
(1 )宮廷内抗争と宗室の衰退  ( 2 )陳朝の異姓勢力
(3 )官僚層の進出と行遣官  ( 4 )体制変革の動き

第八章 陳朝の地方支配

序 言

第一節 地方統治単位の検討
1 路制の定着 
(1 )陳初の記録  ( 2 )『安南志略』
2 陳朝後期の再編 
(1 )路の増設と鎮の設置  ( 2 )陳末の改革
3 最高統治単位の位置づけ  
(1 )路と府州  ( 2 )路官の意味
4 下級単位の継続と変化  
(1 )県と郷  ( 2 )社制

第二節 地方支配と宗室
1 皇帝・上皇の行幸 
2 宗室による地方支配  
( 1 )「郷第」と田庄  ( 2 )路などの支配
3 重点地域  354
(1 )紅河・ダイ河下流域  ( 2 )紅河デルタ東縁  ( 3 )南方地域
4 文人官僚の進出と宗室の後退  
(1 )文人官僚と地方官  ( 2 )異姓勢力の出身地

まとめ

終章 結論と展望

第一節 本書の内容から見た李朝と陳朝

第二節 14 世紀の社会変動と胡季?改革
1 陳朝後期の変動と胡季??改革の評価
2 時代区分の基準をどこに置くか  
3 14 世紀の危機  
4 小農経済の成長と明のインパクト 

第三節 本書の方法と次世代の研究

参考文献
あとがき
索  引
英文要旨
 

著者略歴

桃木 至朗(編)(モモキ シロウ)
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授(文学研究科世界史講座と兼任)

(上記内容は本書刊行時のものです。)