書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

阪大リーブル35

知のジムナスティックス

学問の臨床、人間力の鍛錬とはなにか

品切れ・重版未定
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター 著
四六判 166ページ 並製
定価1900円+税
ISBN978-4-87259-409-6 C1030
奥付の初版発行年月:2012年08月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

私たちは,現在を如何に乗り越え,未来を生きて
いけるのか.「知性の体力や耐性,複眼をもつこと
としての教養」について語り合い,人生における学
びの重要性について検証する.3時間を超えて白熱
したラウンドテーブルを収録した本編と,企画代表
者によるアフタートークで構成された記録集. 

目次

自己紹介

顔の見える社会、見えない社会

デジタルネイティブ時代におけるウェブの在り方

メディアの進化と人間の想像力

モラトリアムをどう過ごすか

日本の大学論

これからの学びと実践

3月11日から考えること

知のジムナスティックスを振りかえって

大学における知の在り方

知の使われ方

大学の変容、つなぎ手の育成

知の鍛錬

人間力の鍛錬

3.11以降の課題