書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

阪大リーブル052

むかしの家に学ぶ

登録文化財からの発信

在庫あり
畑田耕一 編著
四六判 164ページ 並製
定価1600円+税
ISBN978-4-87259-434-8 C1352
奥付の初版発行年月:2016年02月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

最近の日本の住宅は快適のみを求め,その代償としてエネルギー消費が多くなり機能的ではあるがゆとりがない.自然と共生するという日本古来の伝統文化が消えつつある今,残されている伝統的建造物を登録文化財という形で残し,昔の生活の合理性や工夫を学んで地域の暮らしを見直す.古い住宅を保存しながら活用し,各地で行われる多様な活動が,地域の活性化にも貢献している例を紹介する. 

目次

はじめに
第1章 伝統的木造住宅と国民の文化向上
1.古い日本住宅に見られる生活の工夫 
2.建物がもつ潜在的教育力すなわち住育の力義久
(1)伝統的木造住宅に潜む住育の力
(2)学校建築と住育
3.伝統的木造住宅がもつ住育の検証
(1)木の家の温かさ
(2)伝統的木造住宅と音の響き
(3)同じ目線で学ぶことのできる学びの場
(4)日本住宅の開放性と柔軟性
(5)建築は歴史の学び舎であり教師でもある
(6)住生活基本法と日本住育の会について
4.知恵の宝庫と工夫する心-勿体ないの心と家
5.小学生の文化力を高めよう
(1)小学校での文化財教育の推進
(2)小学校への出前授業のすすめ
【コラム】
ゴムはなぜ伸び縮みするのか-ある日の出前授業-
(3)伝統的日本住宅による小学校教育の支援
(4)科学技術の進歩と住育
6.自然と共生する住居

第2章 歴史的建造物とヘリテージマネージメント
1.文化財と文化遺産
(1)文化・文化財とは
(2)文化財・文化遺産と法
(3)登録文化財の制度
2.文化財を管理するヘリテージマネージャー
(1)ヘリテージマネージャーとは
(2)歴史的建造物の活用と保存は今を生きる市民の使命
(3)文化と道徳と教育
(4)平成につくる未来の文化財
3.美しい街並みを残そう
(1)大阪府登録文化財所有者の会とその活動
(2)白川郷を訪ねて
(3)写真で見るアメリカの歴史的文化財
(4)アメリカにおける文化財保存の現状
(5)オランダの歴史的都市ドルドレヒトを訪ねて

第3章
登録有形文化財の保存と活用
1.登録文化財制度と大阪府の登録有形文化財
(1)はじめに
(2)大阪府の登録有形文化財建造物概観
種別/建築年代/建築様式・構造/建築家・設計者
(3)登録有形文化財と日常生活とのかかわり
住宅/産業に関わる建物/学校/文化福祉関係の建物/宗教関係の建物/交通関係の建造物
(4)登録有形文化財建造物の年代別特徴
江戸期/明治期/大正期/昭和期
(5)まとめ
【コラム】
南河内の文化力
2.民家に生きる木の建築文化の継承を
3.伝統的木造住宅における教育・文化活動
(1)登録文化財の動態保存と異文化理解
(2)登録文化財での活動の実例
畑田家住宅での畑田塾/山田家住宅・新川家住宅/ナヤ・ミュージアム/吉村医院
【コラム】
重要文化財
吉村家住宅

おわりに 

著者略歴

畑田耕一(ハタダコウイチ)
大阪大学名誉教授。
昭和9年大阪市生まれ。大阪大学理学部化学科卒、大日本セルロイド(株)(現ダイセル化学工業(株))勤務ののち大阪大学基礎工学部助手、助教授、教授、基礎工学部長、大阪大学副学長他を務める。平成10年大阪大学を退官後は、福井工業大学教授、放送大学客員教授、豊中ロータリークラブ会長等。専門は高分子科学。国際純正応用科学連合高分子命名委員会委員、
Polymer Bulletin, Progress in Polymer Science, Polymer Newsなど多くの国際誌の編集委員として国際奉仕活動にも尽力した。羽曳野の生家が国登録有形文化財に登録されたのを機に文化財の活用保存活動に力を入れ、平成17年より大阪府登録文化財所有者の会会長を10年間務めた。また、青少年奉仕活動として小・中・高等学校への出前授業を現在も行っている。著書は「科学技術と人間のかかわり」共編著、大阪大学出版会 (1998)、“NMR Spectroscopy of Polymers”, 共著、Springer (2004)など。 高分子学会高分子科学功績賞、オーストリア化学技術研究所「ハーマンF.マーク賞」、国際高分子特性会議「ポール」、フローリー高分子研究賞、大阪府教育委員会教育功労者表彰、他受賞。趣味は写真他。 風景写真を好むが、妻美智子のガラスアート撮影にも力を入れる。
http://culture-h.jp/hatadake-katsuyo/index.html

(上記内容は本書刊行時のものです。)