書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

シリーズ臨床哲学2

哲学カフェのつくりかた

在庫あり
松川 絵里,樫本 直樹,寺田 俊郎,三浦 隆宏,高橋 綾,桑原 英之,井尻 貴子,中川 雅道,藤本 啓子,西村 高宏,辻 明典,本間 直樹,西川 勝 著/鷲田 清一 監修/カフェフィロ 編
四六判 344ページ 並製
定価2400円+税
ISBN978-4-87259-467-6 C3010
奥付の初版発行年月:2014年06月

フランスに端を発し、日本にも広がっている哲学カフェ。テーマについてその場に居合わせた人たちと話して、聴いて、考えるというシンプルな営みからみえる、社会のなかで互いに言葉を交わすこと、ともに考えることの意味とは何か。臨床哲学研究室の活動から生まれ、対話を通して社会に生きる哲学を探究する任意団体カフェフィロ(Caf Philo)が、各地で展開する哲学カフェの実践を振り返りながら、対話の場をひらくことの可能性を展望する。3・11のあと、社会のなかで哲学にできることを問いなおす。 

主要目次
監修者のことば  鷲田清一

編者序  松川絵里

哲学カフェQ&A


第1部 哲学カフェに行ってみよう

1.哲学カフェにおける徳の涵養-喫茶JUN(神戸)の場合

2.ガラパゴス化する「東京哲学カフェ」?―哲学カフェの進化とは何か

3.おしゃべりから対話へ-お母さんの哲学カフェ

4.哲学への弱い紐帯-中之島哲学コレージュでの哲学カフェ

【コラム】哲学カフェ、喜怒哀楽

第2部 哲学カフェいろいろ

5.書かれた言葉からはじまる話し-本をつかった哲学カフェ

6.言葉で絵をみるという試み-ミルトーク

7.帰るな、語れ、甦れ!-シネマ哲学カフェin九条

8.医療と向き合う場-メディカルカフェ

【コラム】僕はこうして進行役になった

第3部 3・11を哲学カフェで語る

9.震災のなかで/について、考える-被災地で〈対話の場〉を拓く

10.哲学カフェと東北の震災

第4部 哲学カフェを考える

11.哲学者のカフェ-わたしが哲学するところ

【座談会】リハビリとしての哲学カフェ

12.カフェフィロと哲学対話のこれから


あとがき

活動一覧

執筆者紹介