書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドライン 2014年改訂版

在庫あり
日本骨代謝学会 ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドライン改訂委員会 編
B5判 76ページ 並製
定価2500円+税
ISBN978-4-87259-476-8 C3047
奥付の初版発行年月:2014年07月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

「新しいエビデンス活用,汎用性向上のため大幅改訂」
ステロイドは、強力な抗炎症、抗免疫作用をもち、関節リウマチ、膠原病、血液疾患、呼吸器疾患、腎疾患、消化器疾患、
皮膚疾患を含め、多くの治療に使用されている。しかし一方で、しばし副作用が起こることなどの症例が見受けられる。
本書では、ステロイドの副作用全体の約4分の1を占める「骨粗鬆症」の管理と治療についての10年ぶりに改訂された新ガイドラインを示し、ステロイド性骨粗鬆症の病態と治療における最新の知見を紹介する。
ガイドラインの遵守は、20-30%とまだ低く、多くの医療関係者にその利用が求められている。 

目次

第1章  ステロイド性骨粗鬆症とは
第2章  副腎皮質ステロイドの生理とステロイドの薬理・副作用
第3章  2004年度版ガイドラインの概要
第4章  管理と治療ガイドラインの作成手順および治療介入基準
第5章  管理と治療ガイドラインにおけるエビデンスに基づく治療薬の選択
第6章  関節リウマチにおける管理と治療の実際
第7章  膠原病における管理と治療の実際
第8章  呼吸器、消化器、血液疾患などの内科疾患における管理と治療の実際
第9章 高齢者における管理と治療の実際
第10章 脆弱性骨折の保存的治療・外科的治療
第11章 海外におけるガイドラインと今後の展望     

著者略歴

日本骨代謝学会 ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドライン改訂委員会(編)(ニホンコツタイシャガッカイステロイドセイコツソソウショウノカンリトチリョウガイドラインカイテイイインカイ)


(上記内容は本書刊行時のものです。)