書籍検索 書籍一覧 教科書 シリーズ・叢書 阪大リーブル 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ シリーズ人間科学 シリーズ臨床哲学 大阪大学法史学研究叢書 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連
オンデマンド(少部数)出版のご案内
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
岸本忠三出版助成
出版支援制度
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

分散化時代の政策調整

内閣府構想の展開と転回

在庫あり
小林悠太 著
A5判 214ページ 上製
定価4100円+税
ISBN978-4-87259-736-3 C3031
奥付の初版発行年月:2021年11月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

内閣府はどのように生まれ、何を果たしてきたのか。

内閣府は、複雑化した政策課題に対応するために省庁官僚制の「縦割り行政」を超えた総合調整を行うカギとなる行政機関である。首相や特命担当大臣などの閣僚を補佐する組織として「一段高い」立場から行政官僚制を動かすことで、経済政策や防災などの重要政策の司令塔として政策調整を行う使命を課せられてきた。しかし、2000年代に少子化問題など多様な政策課題が相次いで持ち込まれる中で、内閣府の組織は膨れ上がる。より使い勝手の良い組織にするために、2016年に「内閣府のスリム化」が行われ、政策の一部は各省庁へと移管された。
 このような「内閣府の拡充」は、日本政治においてはマイナスの評価を受けてきたが、果たして本当に負の側面しかなかったのか。本書では、内閣府の拡充が行われることになった真の背景を明らかにし、中央省庁再編直後の組織改革の継続期において、省庁官僚制では応じられなかった行政需要を内閣府が引き受けてきた功罪を示す。そして、こうした内閣府による省庁官僚制の補完が意味する「官邸主導」型行政システムへの変化や、行政官僚制の中で柔軟性を発揮する内閣府が果たす役割について論じる。 

目次

序章  本書の目的と構成
第1章 政府中枢に関する理論的検討
第2章 省庁官僚制の長期的変容
第3章 内閣府構想の展開と社会政策
第4章 内閣府の拡充と融解
第5章 政策調整の構造分析
第6章 内閣官房と政策調整会議
第7章 内閣府構想の意義と限界

参考文献
あとがき
索引 

著者略歴

小林悠太(著)(コバヤシユウタ)
広島大学大学院人間社会科学研究科 助教

(上記内容は本書刊行時のものです。)