わずか11か月だが日本の近代化へのエポックをなす万延元年、遣米使節のサムライは咸臨丸でサンフランシスコで何を体験し、記録したか。時に福澤諭吉27歳。"">
カート

よく検索される書籍>植民暴力の記憶と日本人アメリカ大統領図書館日本昔話の構造と語り手アリストテレス『詩学』の研究 下共生学宣言ハウサ語基礎文法

全ての書籍 文学歴史・地理 福沢諭吉と写真屋の娘

福沢諭吉と写真屋の娘

中崎 昌雄

紙 版

"「万延元年の南十字星とフォトグラフ」
わずか11か月だが日本の近代化へのエポックをなす万延元年、遣米使節のサムライは咸臨丸でサンフランシスコで何を体験し、記録したか。時に福澤諭吉27歳。"

出版年月1996年01月
ISBN978-4-87259-025-8 C1020
判型・頁数 四六判・212ページ
定価本体2,000円(税込2,200円)
在庫品切れ・重版未定
内容紹介
目 次
著者略歴

"「万延元年の南十字星とフォトグラフ」
わずか11か月だが日本の近代化へのエポックをなす万延元年、遣米使節のサムライは咸臨丸でサンフランシスコで何を体験し、記録したか。時に福澤諭吉27歳。"

"Ⅰ 咸臨丸の福澤諭吉と「写真屋の娘」
Ⅱ 万延元年遣米使節のみた「南十字星」
Ⅲ 咸臨丸に乗っていたもう一人の適塾生"

中崎 昌雄(ナカザキ マサオ)