日本での「言語文化部」のパイオニアが言語文化学の可能性を追求した初の概論書."">
カート

よく検索される書籍>ハウサ語基礎文法植民暴力の記憶と日本人ドーナツを穴だけ残して食べる方法共生学宣言対抗文化史オールドニュータウンを活かす!

全ての書籍 語学 言語文化学概論

言語文化学概論

藤本 和貴夫木村 健治 編集

紙 版

“ことば”から見えてくる人間文化の総体。『コンピュータを使った自動翻訳』から『言語統制にみる国民国家の政策』まで。現在の学問分野の枠組みをとりはずして試みる新分野。
"近年,文学・歴史学・心理学・社会学・政治学などの学問分野で,言語が人間の文化にとって決定的に重要な役割を果たしていることが認識されはじめ,旧来の学問の枠組みの組み換えが行われつつある.本書ではこのような萌芽期にある“言語文化学”を独立した学問領域として捉え,その内容・方法・対象を確認して普遍化と体系化を試みる.
日本での「言語文化部」のパイオニアが言語文化学の可能性を追求した初の概論書."

出版年月1997年11月
ISBN978-4-87259-029-6 C3080
判型・頁数 A5判・246ページ
定価本体2,500円(税込2,750円)
在庫品切れ・重版未定
内容紹介
目 次
著者略歴

“ことば”から見えてくる人間文化の総体。『コンピュータを使った自動翻訳』から『言語統制にみる国民国家の政策』まで。現在の学問分野の枠組みをとりはずして試みる新分野。
"近年,文学・歴史学・心理学・社会学・政治学などの学問分野で,言語が人間の文化にとって決定的に重要な役割を果たしていることが認識されはじめ,旧来の学問の枠組みの組み換えが行われつつある.本書ではこのような萌芽期にある“言語文化学”を独立した学問領域として捉え,その内容・方法・対象を確認して普遍化と体系化を試みる.
日本での「言語文化部」のパイオニアが言語文化学の可能性を追求した初の概論書."

"序章
1 言語文化をめぐる国際関係(政治と言語/比較言語文化論/外国語の学習と翻訳)
2 言語コミュニケーション(社会言語学/認知言語学/言語教育)
3 言語情報科学(言語情報処理/母語獲得の●●●/音声言語科学)
4 応用言語技術(言語とコンピュータ/コーパス言語学/CD-ROM版の利用法)
5 地域言語文化論(西洋古典文化論/英語圏言語文化論/米語圏言語文化論/ドイツ語圏言語文化論/ロマン語圏言語文化論/スラブ語圏言語文化論/中国語圏言語文化論)"

藤本 和貴夫(フジモト ワキオ)

木村 健治(キムラ ケンジ)