カート

よく検索される書籍>ペルシア語保健・医療・介護における財源と給付の経済学ねえねえはかせ、月のうさぎは何さいなの?Structural Colors in Biologocal Systems科学技術と人間のかかわり現代スペインの劇作家 アントニオ・ブエロ・バリェホ 

全ての書籍 人文科学芸術 幽微の探究

幽微の探究

狩野探幽論

鬼原 俊枝

紙 版

本書は久々に生まれた本格的な狩野探幽論であり,落款と図版篇を備えた資料集成である.
探幽は室町時代以来の伝統を大きく変える新しい画風を生み出し,江戸時代画壇で不動の地位を得た.その新しさとは何であり,どのように新しいのかを明らかにし,日本絵画史の分水嶺としての探幽の重要さを位置づける.
今後の江戸時代絵画研究の進展に大きく貢献する著作である.

出版年月1998年01月
ISBN978-4-87259-034-0 C3070
判型・頁数 B5判・436ページ
定価本体15,000円(税込16,500円)
在庫品切れ・重版未定
内容紹介
目 次
著者略歴

本書は久々に生まれた本格的な狩野探幽論であり,落款と図版篇を備えた資料集成である.
探幽は室町時代以来の伝統を大きく変える新しい画風を生み出し,江戸時代画壇で不動の地位を得た.その新しさとは何であり,どのように新しいのかを明らかにし,日本絵画史の分水嶺としての探幽の重要さを位置づける.
今後の江戸時代絵画研究の進展に大きく貢献する著作である.

"1 最初期画業の輪郭/幼年・少年期
2 障壁画における永徳様式の継承と変革
3 模索の軌跡/古典学習と画面地の構成
4 幽微の探究/探幽芸術の成立
"

鬼原 俊枝(キハラ トシエ)

文化庁美術工芸課文化財調査官