カート

よく検索される書籍>シャンソン・フランセーズの諸相と魅力日米社会と「多層的」少数者のディスコース分析Structural Colors in Biologocal Systemsほんとうのトコロ、認知症ってなに?市民のための世界史近代日本と中国の装いの交流史

全ての書籍 人文科学文学 アリストテレス『詩学』の研究 下

アリストテレス『詩学』の研究 下

『詩学』の背景と後代

當津 武彦

紙 版

文芸・演劇学の普遍的な原理として再評価

出版年月2000年11月
ISBN978-4-87259-055-5 C3098
判型・頁数 A5判・490ページ
定価本体10,000円(税込11,000円)
在庫品切れ・重版未定
内容紹介
目 次
著者略歴

"アリストテレス『詩学』は,古代ギリシア劇論・詩 論としての歴史的・地域的制約を超越していまなお 世界に刺激を与えつづけている.この古典をライフ ワークとして研究してこられた著者が,ルネサンス 以来なされてきた 2000 を越える世界の研究成果を 参照し,アリストテレスの全哲学体系のなかに位置 づけ,文芸学や演劇学の普遍的な原理として再評価 していく.
畢生の労作、ここに完結."

"下巻─『詩学』の背景と後代
1章 『詩学』におけるホメロス
2章 悲劇とヒュブリス
3章 悲劇と神々
4章 悲劇の内と外
5章 悲劇とディオニュシア
6章 悲劇とポリス
7章 悲劇と時間
8章 コルネイユとレッシング
9章 悲劇の女性たち
10章 喜劇の女性たち
"

當津 武彦(トウヅ タケヒコ)

大阪大学名誉教授