カート

よく検索される書籍>ドーナツを穴だけ残して食べる方法ハウサ語基礎文法共生学宣言宇宙の研究開発利用の歴史文書館用語集現代数学序説 II

全ての書籍 歴史・地理 国際交流フォーラム 近世の大坂

国際交流フォーラム 近世の大坂

脇田 修J.L.マクレイン 編集

紙 版

編者を中心とするこのグループは,海外における日本研究を主導している.このフォーラムの模様は英文でもすでに発表されているように,近世大坂は海外でも注目されているテーマであり,外国研究者の目は都市,科学,演劇,町人などにスポットを当て斬新な意見を述べている.国内研究者との討論の結果生まれた書.

出版年月2000年05月
ISBN978-4-87259-062-3 C1021
判型・頁数 四六判・312ページ
定価本体3,000円(税込3,300円)
在庫品切れ・重版未定
内容紹介
目 次
著者略歴

編者を中心とするこのグループは,海外における日本研究を主導している.このフォーラムの模様は英文でもすでに発表されているように,近世大坂は海外でも注目されているテーマであり,外国研究者の目は都市,科学,演劇,町人などにスポットを当て斬新な意見を述べている.国内研究者との討論の結果生まれた書.

"1 渡辺の津と天王寺浜市(脇田晴子)
2 近世大坂の都市構造とその特質(脇田修)
3 十七世紀の大坂(J.L.マクレイン)
4 大坂周辺地域の支配と大坂(村田路人)
5 浪速五人男(G.ループ)
6 元文元年買わせ米問題(内田九州男)
7 竹本義太夫と大坂演劇(A.ガーストル)
8 ある邂逅—緒方洪庵と国際(蘭)学(T.ナジタ)
9 近世大坂地域の稲荷信仰(中川すがね)
10 鞍馬寺大蔵院と大坂の願人仲間(吉田伸之)
"

脇田 修(ワキタ オサム)

J.L.マクレイン(マクレイン ジェームズ)