カート

よく検索される書籍>遙かなる目的地共生学宣言植民暴力の記憶と日本人とまどう男たち―死に方編日本を彩る香りの記憶みず学への誘い

全ての書籍 化学 有機化学変換のIUPAC命名法

有機化学変換のIUPAC命名法

その名称と記号・線形表示

日本化学会 編集/大木 道則内田 章

紙 版

化学分野で最も権威ある機関(IUPAC=国際純正応用化学連合)が作成した命名法であり,わが国のおける化学の学術基盤の整備と国際化のためには必要不可欠の書.国際的に定義された術語と記号・表示法に従って論文や教科書を書くうえで,IUPAC化合物命名法の姉妹書として,有機化学のみならず薬学・医学・高分子化学・錯体化学など広い分野の研究者・技術者・学生の座右必備の一冊となる.

出版年月1999年01月
ISBN978-4-87259-063-0 C3043
判型・頁数 B5判・200ページ
定価本体4,000円(税込4,400円)
在庫品切れ・重版未定
内容紹介
著者略歴

化学分野で最も権威ある機関(IUPAC=国際純正応用化学連合)が作成した命名法であり,わが国のおける化学の学術基盤の整備と国際化のためには必要不可欠の書.国際的に定義された術語と記号・表示法に従って論文や教科書を書くうえで,IUPAC化合物命名法の姉妹書として,有機化学のみならず薬学・医学・高分子化学・錯体化学など広い分野の研究者・技術者・学生の座右必備の一冊となる.

日本化学会(ニホンカガクカイ)

大木 道則(オオキ ミチノリ)

内田 章(ウチダ アキラ)