カート

よく検索される書籍>シャンソン・フランセーズの諸相と魅力日米社会と「多層的」少数者のディスコース分析Exploratory Corpus LinguisticsStructural Colors in Biologocal Systemsほんとうのトコロ、認知症ってなに?市民のための世界史

全ての書籍 芸術 書芸術の地平

書芸術の地平

その歴史と解釈

萱 のり子

紙 版

「書」は,書き直しのない1回の所作によって線が引かれ,そこに形象ができる.近代的芸術として今日に生きている書を「書く」という行為から見るとき,新たな美が現れるのではないか.
書道家でもある著者の目は,伝統的作品の中に古代人が筆をもつ時の心の動きを読み,かなの生まれる様子を跡づけていく.
こうした視点から,日本は中国の文字や書をどのように受け入れ,どのように変容させたのか,そして書くという行為からますます離れていく現代人にとって,書の課題とは何かを提示している.

出版年月2000年02月
ISBN978-4-87259-067-8 C3071
判型・頁数 B5判・316ページ
定価本体8,000円(税込8,800円)
在庫品切れ・重版未定
内容紹介
目 次
著者略歴

「書」は,書き直しのない1回の所作によって線が引かれ,そこに形象ができる.近代的芸術として今日に生きている書を「書く」という行為から見るとき,新たな美が現れるのではないか.
書道家でもある著者の目は,伝統的作品の中に古代人が筆をもつ時の心の動きを読み,かなの生まれる様子を跡づけていく.
こうした視点から,日本は中国の文字や書をどのように受け入れ,どのように変容させたのか,そして書くという行為からますます離れていく現代人にとって,書の課題とは何かを提示している.

"1部 中国の書 造形理念/「自然」の実現/書の抽象性/筆意を読む
2部 かなの美の端緒/和歌と女手の結ぼれ/作品世界の形成/書表現の自律
3部 線と形象の営み書における線の意味/書と近代/作品の在りか/線・形象・時間
結  書くことからの問い 書くことへの問い
*索引 原色・単色図版つき "

萱 のり子(カヤ ノリコ)