カート

よく検索される書籍>「ひと」とはだれか?A Study on Metaphorical Evaluation in Written Texts from a Perspective of Cognitive Linguistics日米社会と「多層的」少数者のディスコース分析【新版】Und du? Sprechsituationen im Unterricht-NEU!バルトークの民俗音楽編曲田中敦子と具体美術協会

全ての書籍 政治・法律 国際民事証拠共助法の研究

国際民事証拠共助法の研究

多田 望

紙 版

一国における民事裁判において,証拠が外国に所在するときがある.その際,複数の国の裁判所間における証拠収集のための協力を国際民事証拠共助という.本書は,この問題に関するわが国における最初の包括的な,しかもバランスのとれた本格的な研究所である.
日本法,ハーグ条約,アメリカ法を中心とした外国法をその立法の過程,実務,判例,学説を丹念にフォローし分析されている点,今後の研究の貴重な基礎的文献になろう.
さらに現行法制の問題点の指摘や証拠収集条約の批准の提言などは重要である.

出版年月2000年02月
ISBN978-4-87259-069-2 C3032
判型・頁数 A5判・258ページ
定価本体6,000円(税込6,600円)
在庫品切れ・重版未定
内容紹介
目 次
著者略歴

一国における民事裁判において,証拠が外国に所在するときがある.その際,複数の国の裁判所間における証拠収集のための協力を国際民事証拠共助という.本書は,この問題に関するわが国における最初の包括的な,しかもバランスのとれた本格的な研究所である.
日本法,ハーグ条約,アメリカ法を中心とした外国法をその立法の過程,実務,判例,学説を丹念にフォローし分析されている点,今後の研究の貴重な基礎的文献になろう.
さらに現行法制の問題点の指摘や証拠収集条約の批准の提言などは重要である.

"1章 国際民事証拠共助法の基本観念
国際司法共助の概念/国際民事証拠共助の概念と理論/国際民事証拠共序の歴史的沿革
2章 日本の国際民事証拠共助法システム
法源と共助方法/我国の裁判のための外国における証拠共助−嘱託/−受託/批判的考察
3章 ハーグ証拠収集条約の共助システム
概観/要請書による証拠収集等の嘱託とその実施/外交官等による証拠の収集/他
4章 国際司法摩擦とハーグ証拠収集条約の排他性
アメリカ合衆国の域外的ディスカヴァリー/ハーグ条約の排他性の議論
5章 展望と課題−日本の国際民事証拠共助法制の将来−
証拠収集条約批准の提言/他
付録 ハーグ証拠収集条約(仮訳)/要請書/他
"

多田 望(タダ ノゾミ)