カート

よく検索される書籍>遙かなる目的地植民暴力の記憶と日本人共生学宣言みず学への誘いハウサ語基礎文法日本昔話の構造と語り手

全ての書籍 政治・法律 NPO政策の理論と展開

NPO政策の理論と展開

初谷 勇

紙 版

よりよい公共性をもつ制度を考え提起する

出版年月2001年02月
ISBN978-4-87259-077-7 C3036
判型・頁数 A5判・512ページ
定価本体6,200円(税込6,820円)
在庫品切れ・重版未定
内容紹介
目 次
著者略歴

阪神・淡路大震災におけるボランティア団体の顕著な活動を契機として,いわゆるNPO法の立法論議が高まり,1998年に特定非営利活動促進法が公布された.
よりよい公共性をもとめてNPO(民間非営利組織)の制度はどうあるべきか.中央・地方のNPO政策とはどのようなものか.NPOにかかわる法制,税制,そして個別の公共政策をとりあげて検討・分析を加えたこの書は,綿密な実態調査に裏づけられており,民間セクターとの関係も踏まえながら考察したものである.
豊富な参考文献および資料を付し、便宜を図る。

"序章 NPOの課題
1章 NPO政策 公共政策とNPO政策/NPO政策の理論
2章 NPO政策の変遷—法制及び税制を中心に—
3章 特定公益増進法人制度の運用と効果
4章 特定非営利活動促進法の立法政策過程
5章 NPO政策の展開—地域国際化政策の場合—"

初谷 勇(ハツタニ イサム)

大阪府企業局参事 博士(国際公共政策)