カート

よく検索される書籍>一歩進んだ日本語教育概論大阪大学外国語学部 世界の言語シリーズ17 アラビア語 別冊市民のための歴史学インドネシア語住む・棲む関係人口の社会学

全ての書籍 シリーズ・叢書歴史・地理 邪馬台国から大和政権へ

大阪大学新世紀セミナー

邪馬台国から大和政権へ

福永 伸哉

紙 版

三角縁獣鏡,箸墓古墳等の史的位置づけ

出版年月2001年10月
ISBN978-4-87259-117-0 C1321
判型・頁数 A5判・86ページ
定価本体1,000円(税込1,100円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

環濠集落、銅鐸、三角縁神獣鏡、箸墓古墳…キーワードを体系的に解説した考古学ファン待望の書。

第一章 邪馬台国の年代
第二章 弥生型社会の確立と変質
第三章 地域間関係の変化と倭国乱
第四章 原邪馬台国勢力の形成
第五章 卑弥呼の宗教改革と青銅器管理
第六章 三角縁神獣鏡の系譜
第七章 邪馬台国から大和政権へ  

福永 伸哉(フクナガ シンヤ)

大阪大学大学院文学研究科教授