カート

よく検索される書籍>一歩進んだ日本語教育概論大阪大学外国語学部 世界の言語シリーズ17 アラビア語 別冊著作(その三)外交・安全保障政策から読む欧州統合関係人口の社会学市民のための歴史学

全ての書籍 シリーズ・叢書大阪大学総合学術博物館叢書人文科学歴史・地理 城下町大坂

大阪大学総合学術博物館叢書 3

城下町大坂

大阪大学総合学術博物館大阪歴史博物館 監修

紙 版

絵図・地図からみた武士の姿

出版年月2008年02月
ISBN978-4-87259-213-9 C1321
判型・頁数 A4判・100ページ
定価本体2,000円(税込2,200円)
在庫在庫あり
内容紹介
著者略歴

大坂は、250年以上にわたって幕府直轄領とされてきたにも関わらず、商人の町と考えられてきた。
江戸時代、大坂城はどのような存在意義をもち、そこを舞台に武士たちはどのような活動をしていたのか。城下町の動きとともに、殿様が居住しない城と、町人の生活に入り込んで城を管理する譜代大名や旗本たちの生活を、カラー図版と詳細な解説で取り上げる。
書籍初掲載の貴重絵図を含む、知られざる大坂の歴史。 

大阪大学総合学術博物館(オオサカダイガクソウゴウガクジュツハクブツカン)

大阪歴史博物館(オオサカレキシハクブツカン)