カート

よく検索される書籍>オンデマンド版 大阪大学人間科学部五十年史[新装版]学歴社会のローカル・トラックコロナ禍の声を聞く近代日本における勧解・調停一歩進んだ日本語教育概論サルトル

全ての書籍 シリーズ・叢書大阪大学総合学術博物館叢書自然科学総記・一般生物学・環境 巨大絶滅動物 マチカネワニ化石

大阪大学総合学術博物館叢書 5

巨大絶滅動物 マチカネワニ化石

恐竜時代を生き延びた日本のワニたち

小林 快次江口 太郎

紙 版

「昔、日本にも野生のワニがいたんだって!」 国内最初の化石発見は1964年大阪大学豊中キャンパス。全長約7mの巨大ワニは、化石好きの熱心な二人の青年に発見され、 ほぼ全身の骨格が発掘された。発見地名からマチカネワニ(トヨタマヒメイア・マチカネンシス)と命名され、現代のワニ類のなぞを解く鍵となっている。恐竜学者小林 快次と、世界にたった一つの巨大なタイプ標本を保存する大阪大学総合学術博物館長、江口太郎がマチカネワニ最新研究をもとに、化石骨から分かる当時の生態と現代のワニ類をとことん解説。現在のワニたちを豊富な図版で解説し、キシワダワニ、ヤゲワニなど、日本のワニ化石にも触れ、マチカネワニのなぞに迫っていく。世界の研究者からのコメントも掲載する。カラーページ豊富にワニの迫力を満載した1冊。

出版年月2010年06月
ISBN978-4-87259-215-3 C1345
判型・頁数 A4判・96ページ
定価本体2,400円(税込2,640円)
在庫在庫あり
内容紹介
著者略歴

「昔、日本にも野生のワニがいたんだって!」 国内最初の化石発見は1964年大阪大学豊中キャンパス。全長約7mの巨大ワニは、化石好きの熱心な二人の青年に発見され、 ほぼ全身の骨格が発掘された。発見地名からマチカネワニ(トヨタマヒメイア・マチカネンシス)と命名され、現代のワニ類のなぞを解く鍵となっている。恐竜学者小林 快次と、世界にたった一つの巨大なタイプ標本を保存する大阪大学総合学術博物館長、江口太郎がマチカネワニ最新研究をもとに、化石骨から分かる当時の生態と現代のワニ類をとことん解説。現在のワニたちを豊富な図版で解説し、キシワダワニ、ヤゲワニなど、日本のワニ化石にも触れ、マチカネワニのなぞに迫っていく。世界の研究者からのコメントも掲載する。カラーページ豊富にワニの迫力を満載した1冊。

小林 快次(コバヤシ ヨシツグ)

江口 太郎(エグチ タロウ)