カート

よく検索される書籍>市場化のなかの北欧諸国と日本の介護著作(その三)大阪大学外国語学部 世界の言語シリーズ17 アラビア語 別冊関係人口の社会学住む・棲むStructural Colors in Biologocal Systems

全ての書籍 シリーズ・叢書阪大リーブル人文科学歴史・地理 ドイツ文化史への招待

阪大リーブル 4

ドイツ文化史への招待

芸術と社会のあいだ

三谷 研爾 編集

紙 版

中欧を舞台にくりひろげられてきた、近代ドイツの
芸術と社会のせめぎあい.その歴史を「表現活動
と日常生活との密接なつながり」「ドイツとユダヤ
の共存の夢」「現代社会と切りむすぶモダニズム
芸術の挑戦」の3つの位相から追っていく.著名
な作家、芸術家、学者の人間像が生き生きと描か
れ、市民の日常生活が照らし出される.ドイツが
生んだ芸術文化の奥行きにふれる、読みごたえあ
るガイドブック

出版年月2007年10月01日
ISBN978-4-87259-237-5 C1322
判型・頁数 四六判・292ページ
定価本体2,000円(税込2,200円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

中欧を舞台にくりひろげられてきた、近代ドイツの
芸術と社会のせめぎあい.その歴史を「表現活動
と日常生活との密接なつながり」「ドイツとユダヤ
の共存の夢」「現代社会と切りむすぶモダニズム
芸術の挑戦」の3つの位相から追っていく.著名
な作家、芸術家、学者の人間像が生き生きと描か
れ、市民の日常生活が照らし出される.ドイツが
生んだ芸術文化の奥行きにふれる、読みごたえあ
るガイドブック

〇「近代への飛翔」 博物学に魅せられた画家メーリアン
赤木登代

〇「啓蒙のメディア」 読書と市民社会             
吉田耕太郎

〇「声の始源」 口承文化を発見した人びと           
阪井葉子

〇「ピアノのある部屋」  市民的教養としての音楽       
玉川裕子

〇「祝祭の共同体」 ワーグナーの綜合芸術プロジェクト    
藤野一夫

〇「聖書の民」  中東欧ユダヤ人の源流          
樋上千寿

〇「対話から同化へ」  メンデルスゾーン家の人びと   
小石かつら

〇「境界の文学」 ハイネとドイツ                 
中川一成

〇「存在と帰属」  カフカ家三代の歴史から           
三谷研爾

〇「カウンターカルチャーの耀き」 世紀転換期の青年たち
三谷研爾

〇「挑発するメディアアート」  
ハンナ・ヘーヒ、「騒然たる時代」を調理する 
小松原由理

〇「越境する批判精神」  
フランクフルト社会研究所と亡命知識人
原千史

〇「オスタルジーの彼方へ」  ドイツ統一と東ドイツの現実 
國重裕

三谷 研爾(ミタニ ケンジ)

大阪大学文学研究科准教授

NEWS・イベント・書評等

書評・紹介 2009年2月15日

『ドイツ文化史への招待』が紀伊國屋書店『書評空間』にて紹介されました。

※詳しくはこちら→『高山宏の読んで生き、書いて死ぬ』
http://booklog.kinokuniya.co.jp/takayama/archives/2008/02/post_52.html