カート

よく検索される書籍>一歩進んだ日本語教育概論ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドライン 2014年改訂版鎖国時代 海を渡った日本図学習意識改革ノート「ひと」とはだれか?関係人口の社会学

全ての書籍 シリーズ・叢書阪大リーブル芸術 能苑逍遥(上) 世阿弥を歩く

阪大リーブル 12

能苑逍遥(上) 世阿弥を歩く

天野 文雄

紙 版

世阿弥の著作が世に紹介されて百年.世阿弥研
究に新機軸を打ち出した著者が,これまでに提示
した新見を集成し,世阿弥の輪郭を明確にする.

出版年月2009年03月01日
ISBN978-4-87259-248-1 C1374
判型・頁数 四六判・316ページ
定価本体2,100円(税込2,310円)
在庫品切れ・重版未定
内容紹介
目 次
著者略歴

世阿弥の著作が世に紹介されて百年.世阿弥研
究に新機軸を打ち出した著者が,これまでに提示
した新見を集成し,世阿弥の輪郭を明確にする.

主要目次
第1部
世阿弥の事蹟を歩く
1  少年世阿弥の「異能」
2  「良基消息詞」偽書説についての私見
3  「世阿弥」命名の時期再考
4  世阿弥という名前
5  世阿弥の和歌的教養と『猿楽談儀』の「すゝめ歌」
6  応永末年〜永享初年の醍醐清滝宮祭礼能の「観世丈夫」
7  五月十四日付世阿弥書状の「三村殿」について
8  世阿弥と禅
9  「向去却来」と世阿弥の禅的環境
10 世阿弥と月菴宗光」
11 世阿弥配流の理由を再考する
12 世阿弥は佐渡から帰還できたか




第2部 13 『風姿花伝』をめぐる二、三の覚書  
14 世阿弥の「家名」を再考する
15 ≪田村≫の「男体」や≪芭蕉≫≪葛城≫などの「女体」は世阿弥の芸論用語なるべし
16 「童男」という風体のこと
17 『九位』の「奥義之上」の読みと意味
18 『遊楽習道風見』の執筆時期と世阿弥の環境
19 『猿楽談儀』の「セツカ」は「責呵(責過)」なるべし
20 『猿楽談儀』の「山と」をめぐって
21 「好士」を「くし」と読むこと





第3部 22 ≪高砂≫の時代設定を再考する
23 ≪檜垣≫の前場の舞台はなぜ岩戸観音なのか
24 ≪頼政≫覚書
25 夢の憂世の中宿の
26 在原寺は「廃墟」にあらず
27 ≪砧≫の「三年の秋」とその背景
28 能と説話
29 世阿弥の≪千寿≫の輪郭
30 ≪泰山木≫の主題と趣向
31 世阿弥における「無常」の主題とその表現
32 ≪忠度≫を読み解く


■収載論考小誌
■世阿弥略年表

天野 文雄(アマノ フミオ)

【刊行時】
大阪大学大学院文学研究科教授