カート

よく検索される書籍>市場化のなかの北欧諸国と日本の介護著作(その三)大阪大学外国語学部 世界の言語シリーズ17 アラビア語 別冊Structural Colors in Biologocal Systemsインドネシア語日本国憲法を考える 第4版

全ての書籍 シリーズ・叢書阪大リーブル人文科学芸術 ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?

阪大リーブル 32

ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?

二つの世界間を生き延びたイディッシュ文化の末裔

圀府寺 司 編著/樋上 千寿和田 恵庭

紙 版

革命と冷戦の20世紀を、シャガールはどう生きたか。
絵と資料からその実像に迫る 。

旧ロシアのユダヤ集落に生まれ、イディッシュ文化の中で育ち、フランスで活躍したシャガールは、ロシア革命、ナチスによる迫害、アメリカ亡命、米ソ対立という革命と冷戦の歴史に翻弄された。ソ連の崩壊でロシア関連の情報が公開されて、「愛と夢と幻想の画家」からほど遠く、自分と一族の安全のためにさまざまな自制や韜晦を余儀なくされた苦悩の画家像が浮かび上がる。
付録CD「クレズマー音楽」

出版年月2011年12月
ISBN978-4-87259-315-0 C1371
判型・頁数 四六判・226ページ
定価本体2,000円(税込2,200円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

革命と冷戦の20世紀を、シャガールはどう生きたか。
絵と資料からその実像に迫る 。

旧ロシアのユダヤ集落に生まれ、イディッシュ文化の中で育ち、フランスで活躍したシャガールは、ロシア革命、ナチスによる迫害、アメリカ亡命、米ソ対立という革命と冷戦の歴史に翻弄された。ソ連の崩壊でロシア関連の情報が公開されて、「愛と夢と幻想の画家」からほど遠く、自分と一族の安全のためにさまざまな自制や韜晦を余儀なくされた苦悩の画家像が浮かび上がる。
付録CD「クレズマー音楽」

1章 出自 東欧イディッシュ世界  
2章 イディッシュ・イディオム
3章 屋根の上のバイオリン弾き)
4章 《アポリネール礼讃》  
5章 緑と赤のユダヤ人  
6章 《ユダヤ劇場壁画》  
7章 《革命》
8章 《抵抗》《復活》《解放》  
9章 ユダヤのキリスト シャガールの磔刑像  
結び 「自制」の画家
あとがき
CD収録曲および解説

圀府寺 司(コウデラ ツカサ)

大阪大学文学研究科(美術史、アート・メディア論)教授

樋上 千寿(ヒノウエチトシ)

京都造形芸術大学、神戸夙川学院大学非常勤講師

和田 恵庭(ワダエニワ)

大阪大学大学院博士前期課程(西洋美術史)終了。文学修士。