カート

よく検索される書籍>学習意識改革ノートはじめてつくる「探究」の授業現代中国語における“是”とモダリティ古墳時代の葬制秩序と政治権力一歩進んだ日本語教育概論[新装版]脱・日本語なまり

全ての書籍 阪大リーブル哲学・思想・宗教教育・心理 心と身体のあいだ

阪大リーブル 67

心と身体のあいだ

ユング派の類心的イマジネーションが開く視界

老松 克博

紙 版電子版

ユング派精神科医がアクティヴ・イマジネーションやボディーワークで解き明かす類心的無意識と心身症、発達障害のメカニズム。

出版年月2019年01月16日
ISBN978-4-87259-449-2 C1311
判型・頁数 四六判・208ページ
定価本体1,900円(税込2,090円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

無意識の最深層では、心と身体ををつなぐ移行的領域である類心的無意識に至る。ユングが提唱したこの概念は、内因性精神病、器質性精神障害、発達障害などの問題のみならず、健常者の心身の成長、人間と世界の精妙な関係性にまつわる問題に対しても、有用かつ新鮮な示唆を与える。ユング派分析家・精神科医である著者が、アクティヴ・イマジネーションや武道などのボディーワークを通じて見出した心と身体の新たな関係とは。

はじめに
第一章 ユング心理学の心身観
第二章 発達系と心身
第三章 トラウマ系と心身
第四章 身体系と心身
第五章 アクティヴ・イマジネーションのエッジ
第六章 類心的イマジネーション
第七章 類心的リアリティと時空の超越
第八章 心と身体のあいだ
おわりに
文献
あとがき

老松 克博(オイマツ カツヒロ)

一九八四年,鳥取大学医学部卒業。一九九二~九五年,チューリッヒ・ユング研究所留学。現在,大阪大学大学院人間科学研究科教授。ユング派分析家。博士(医学)。

著書:『武術家,身・心・霊を行ず』『身体系個性化の深層心理学』(遠見書房),『共時性の深層』(コスモス・ライブラリー),『人格系と発達系』『スサノオ神話でよむ日本人』(講談社),『ユング的悩み解消術』(平凡社),『無意識と出会う』『成長する心』『元型的イメージとの対話』(トランスビュー),ほか。
訳書:ユング『ヴィジョン・セミナー』『哲学の木』『クンダリニー・ヨーガの心理学』(創元社),ブラヴァツキー『ベールをとったイシス』(竜王文庫),ほか。

NEWS・イベント・書評等

書評・紹介 2020年6月16日

『心と身体のあいだ ユング派の類心的イマジネーションが開く視界』

『箱庭療法学研究』32巻3号(日本箱庭療法学会 2020年)に書評が掲載されました(評者:東洋英和女学院大学 前川美行先生)


書評・紹介 2019年6月6日

『心と身体のあいだ ユング派の類心的イマジネーションが開く視界』

『VOSS Voice of Somatics &
Somatic Psychology』(日本ソマティック心理学協会)2018-2019、Vol.5で紹介されました。