カート

よく検索される書籍>船 この巨大で力強い輸送システムドーナツを穴だけ残して食べる方法ペルシア語論文作成のための文章力向上プログラムアートエリアB1 5周年記念記録集 上方遊歩46景環境と化学物質

全ての書籍 大阪大学総合学術博物館叢書適塾・懐徳堂関連 懐徳堂の至宝

大阪大学総合学術博物館叢書 13

懐徳堂の至宝

大阪の「美」と「学問」をたどる

湯浅邦弘

紙 版

最近新発の資料をはじめ、修復をほどこしてより明瞭となった図柄をふくむ貴重資料を選んで掲載。カラー36頁を含む大型図録。

出版年月2016年10月01日
ISBN978-4-87259-523-9 C1321
判型・頁数 A4判・94ページ
定価本体2,000円(税込2,200円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

懐徳堂は大阪の学問所として140年の歴史を刻む。幕末から明治維新に至る動乱の中でいったん閉校し、明治43年にその顕彰を目的として懐徳堂記念会が設立され、大正5年には重建懐徳堂が再建された。この重建懐徳堂の開学100年を記念した資料図録である。最近新発見の資料の大型写真をはじめ、修復をほどこしてより図柄が明瞭になった最新版を多く含む。カラー版36頁。

はじめに
凡例

第1章 懐徳堂の至宝 
第2章 懐徳堂の誕生と草創期 
第3章 懐徳堂の「知」の展開 
第4章 よみがえる懐徳堂
第5章 懐徳堂の史跡をたずねる

参考文献
あとがき

湯浅邦弘(ユアサクニヒロ)

大阪大学大学院文学研究科教授