カート

よく検索される書籍>オンデマンド版 大阪大学人間科学部五十年史韓国語ソウル方言の平音・激音・濃音の研究近代日本における勧解・調停コロナ禍の声を聞く台湾華語[新装版]学歴社会のローカル・トラック

全ての書籍 芸術大阪大学総合学術博物館叢書シリーズ・叢書 精神と光彩の画家 中村貞夫

大阪大学総合学術博物館叢書 15

精神と光彩の画家 中村貞夫

揺籃期から世界四大文明を超えて

橋爪 節也竹中 哲也 編著

紙 版

小磯良平に師事した画家中村貞夫の図録。身近な題材の油彩画から「富士」連作を経て、迫力ある51作品を掲載。

出版年月2018年05月01日
ISBN978-4-87259-525-3 C1371
判型・頁数 A4判・114ページ
定価本体2,800円(税込3,080円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

大阪で生まれ、大阪大学仏文学科を卒業した異色の洋画家中村貞夫の展覧会(2018.4.27-6.31)に沿った図録と解説集。絵の具の質感を意識した重厚な画風から「富士」連作を経て「世界四大文明」シリーズに挑戦、ナイル川、インダス川、黄河からメソポタミアに至る53作品。見開きいっぱいの迫力ある大型図やスケッチの線画などを掲載。貴重な資料・写真をまじえて時代背景を語る。

デカルトに魅せられた画家ー大阪モダニズム(橋爪節也)


光と闇のはざま、半透明の絵画芸術―大阪洋画壇と中村貞夫(竹中哲也)


(図版)Ⅰ中村貞夫の芸術ーその起源から富士へ


第1章 萌芽ー学生時代から初期の芸術


コラム1小磯良平との出会い


第2章番(火ヘンつき)祭ー精神の描写

コラム2 番(火ヘンつき)祭とは何か


第3章 自然を描くー外界への眼差し


コラム3伊藤継郎との出会い


第4章 富士ー春夏秋冬


コラム4中村芸術の揺籃 Ⅱ四大文明ー世界の源流を求めて


第5章 ナイル、エジプト


コラム5 連作「ナイル」について


コラム6 インダス・シリーズについて


第6章インダス


第7章 黄河


コラム7 黄河スケッチ


コラム8 メソポタミア・シリーズ取材


第8章 メソポタミア


大学キャンパスと”アートリソース”(橋爪節也)


中村貞夫年譜・作品リスト他

橋爪 節也(ハシヅメセツヤ)

竹中 哲也(タケナカテツヤ)