カート

よく検索される書籍>著作(その三)市場化のなかの北欧諸国と日本の介護やりすぎの経済学デンマーク語変貌する現代の家族と法漢方今昔物語

全ての書籍 歴史・地理大阪大学総合学術博物館叢書シリーズ・叢書経済・経営 佐治敬三“百面相”大阪が生んだ稀代の経営者

大阪大学総合学術博物館叢書 17

佐治敬三“百面相”大阪が生んだ稀代の経営者

松永 和浩

紙 版

「やってみなはれ」の精神、チャレンジを続けた敬三の多彩な顔を「百面相」として生き様を振り返ります。広告写真など多数収録。

出版年月2019年10月31日
ISBN978-4-87259-527-7 C1323
判型・頁数 A4判・92ページ
定価本体2,200円(税込2,420円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

寿屋(現・サントリー)の二代目、佐治敬三。開高健、山口瞳らと仕掛けた広告、ノベルティ戦略で話題をさらい、生ビール戦争、ワインブームを巻き起こしながら、寿屋を大企業へ育てました。出征、身近な家族の死も度重なり、化学者となる夢ももちながら「やってみなはれ」の精神、チャレンジを続けた敬三の、経営者だけでない多彩な顔を「百面相」として、生き様を振り返ります。大阪大学総合学術博物館第13回特別展図録。

はじめに

序章 父・鳥井信治郎と寿屋
コラム1 ジャパニーズ・ウイスキーのレジェンド3/4 (松永和浩)

第1章 北摂を駆け、中之島で学ぶ少年
1  ゴンタ・佐治敬三
コラム2 池附と雲雀丘学園(松永和浩)
2  浪高生・佐治敬三
3  阪大生・佐治敬三
4  海軍技術士官・佐治敬三
コラム3 佐治敬三と有機化学(深瀬浩一)

第2章 市場に挑み、流行を生む経営者
1  啓蒙家・佐治敬三
2  宣伝マン・佐治敬三
3  ブレンダー・佐治敬三
4  挑戦者・佐治敬三
5  騎士・佐治敬三
6  財界人・佐治敬三

第3章 学術・研究になずみ、文化・芸術を愛でる教養人
1  研究所長・佐治敬三
2  美術館長・佐治敬三
3  音楽ホール館長・佐治敬三
4  文化財団理事長・佐治敬三
5  大旦那・佐治敬三
コラム4 大阪大学の醸造学・発酵工学研究とサントリー~ビール酵母の神泡的お話~(大政健史・金子嘉信)

終章 夢、大きく膨らませてみなはれ!

佐治敬三略年譜
主要参考文献
あとがき

松永 和浩(マツナガ カズヒロ)

1978年、熊本県生まれ。博士(文学)。専門は日本中世史、酒史、大阪学。
2008年、大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位修得退学。現在、大阪大学共創機構社学共創本部准教授。大阪大学適塾記念センター、同総合学術博物館、同大阪大学アーカイブズ兼任教員。主な著書に、『室町・戦国期研究を読みなおす』(共著、思文閣出版、2007年)、『ものづくり 上方“酒”ばなし』(編著、大阪大学出版会、2012年)、『室町期公武関係と南北朝内乱』(単著、吉川弘文館、2013年)、『新版 緒方洪庵と適塾』(共編著、大阪大学出版会、2019年)がある。

NEWS・イベント・書評等

書評・紹介 2019年12月10日

『佐治敬三“百面相”大阪が生んだ稀代の経営者』(大阪大学総合学術博物館叢書17)

松永和浩(著)が、『人間会議』事業構想大学院大学出版部,2019年冬号の「環境と哲学の本棚」で紹介されました。