カート

よく検索される書籍>船 この巨大で力強い輸送システムドーナツを穴だけ残して食べる方法論文作成のための文章力向上プログラム分散化時代の政策調整リスク社会を生きる若者たち環境と化学物質

全ての書籍 シリーズ・叢書阪大リーブル人文科学語学 オンデマンド版 古代語の謎を解く

阪大リーブル 21

オンデマンド版 古代語の謎を解く

蜂矢 真郷

紙 版

古代の日本人はどんな言葉を使っていたのだろうか.現代日本語とどこでつながり,どこで切れて
いるのだろうか.例えば「男と女」の項では,キとミ(イザナキ・イザナミ,オキナ・オミナ),コとメ(オキナ・オミナ,イラツコ・イラツメ)のような用例を,「縦と横」ではタテ(楯・縦・立)やヨコ(横・避)の例文を挙げて訓み下し文を付す.
資料に語らせる古代語の面白さ.Handai-Asahi中之島塾の講義の成果をまとめる.

出版年月2010年03月01日
ISBN978-4-87259-631-1 C1381
判型・頁数 四六判・314ページ
定価本体3,100円(税込3,410円)
在庫在庫僅少
内容紹介
目 次
著者略歴

古代の日本人はどんな言葉を使っていたのだろうか.現代日本語とどこでつながり,どこで切れて
いるのだろうか.例えば「男と女」の項では,キとミ(イザナキ・イザナミ,オキナ・オミナ),コとメ(オキナ・オミナ,イラツコ・イラツメ)のような用例を,「縦と横」ではタテ(楯・縦・立)やヨコ(横・避)の例文を挙げて訓み下し文を付す.
資料に語らせる古代語の面白さ.Handai-Asahi中之島塾の講義の成果をまとめる.

第一章 現代に続く古代語
縦と横
男と女
ヲ[小]とコ[小]
多少と大小
高低と深浅
ワラフ[笑]とヱム[笑]

第二章一音節の語構成要素
ト[利]をめぐって
ト[門]・ト[戸]・ト[外]
タ[手]・テ[手]など
マ[目]・メ[目]など

第三章 古代からの地名
淡路・信濃‐旧国名から
島根・新潟‐県名から
津・敦賀‐市名から
城崎・和倉‐温泉名から

蜂矢 真郷(ハチヤマサト)

大阪大学名誉教授 国語学