カート

よく検索される書籍>「ひと」とはだれか?日米社会と「多層的」少数者のディスコース分析田中敦子と具体美術協会A Study on Metaphorical Evaluation in Written Texts from a Perspective of Cognitive Linguistics【新版】Und du? Sprechsituationen im Unterricht-NEU!バルトークの民俗音楽編曲

全ての書籍 政治・法律歴史・地理大阪大学法史学研究叢書 「前段の司法」とその担い手をめぐる比較法史研究

大阪大学法史学研究叢書 1

「前段の司法」とその担い手をめぐる比較法史研究

三阪 佳弘 編集

紙 版

紛争解決のための法的サービスの需要充足と、その担い手としての法専門家と非法専門家のあり方について、比較法史的検討を行う。

出版年月2019年03月29日
ISBN978-4-87259-681-6 C3032
判型・頁数 A5判・292ページ
定価本体5,400円(税込5,940円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

近代市民社会において、人々の法的サービスの需要はどのように充足されたのか、どのように紛争の解決は行われたのか。本書では、紛争解決のための法的サービスの多様性、その担い手としての法専門家と非法専門家のあり方について、比較法史的検討を行ったものである。近代日本を基軸として、共和政期ローマ、近世イタリア、近代フランス、近代ドイツ、近代オーストリア=ハンガリー、現代中国での事例をもとに考察した。

序章 明治期日本の地域社会における「前段の司法」とその担い手の多様性―本書の視点(三阪佳弘)

第一章 近代日本における無資格者による法廷代理とその終焉(林真貴子)

第二章 明治期における刑事弁護―治罪法導入前後の状況(田中亜紀子)

第三章 共和政末期・元首政初期ローマにおける法的サービスの周辺―法学者・弁論家の活動と知的背景を中心に(林智良)

第四章 中世ボローニャと「公証人術の書」―ロランディーノ・パッサッジェーリ研究序論(阪上眞千子)

第五章 フランス革命前後の公証人制度(波多野敏)

第六章 ドイツ公証制度史にみる需要と法専門家性―ハンブルクにおける公証制度の近代化を中心に(的場かおり)

第七章 在野法曹と非弁護士の間―オーストリア司法省文書にみる公的代理業(上田理恵子)

第八章 中国の法的サービス供給における基層法的サービス従事者の機能とその需要の背景―弁護士との比較から(一九八〇〜二〇一七年)(坂口一成)

三阪 佳弘(ミサカ ヨシヒロ)

大阪大学大学院高等司法研究科教授。専門は、日本近代法史。
主な著作は、
『近代日本の司法省と裁判官─19世紀日仏比較の視点から』(大阪大学出版会、2014年)、『近代日本における社会変動と法』(共著、晃洋書房、2006年)。

NEWS・イベント・書評等

書評・紹介 2021年4月26日

『「前段の司法」とその担い手をめぐる比較法史研究』(三阪佳弘・編)

『法社会学』87号(2021年)にて、高橋裕先生(神戸大学大学院法学研究科教授)に書評を頂きました。