カート

よく検索される書籍>ドーナツを穴だけ残して食べる方法ハウサ語基礎文法文書館用語集船 この巨大で力強い輸送システムフランス表象文化史日本昔話の構造と語り手

全ての書籍 歴史・地理 鎖国時代 海を渡った日本図

鎖国時代 海を渡った日本図

小林 茂永用 俊彦鳴海 邦匡臼井 公宏小野寺 淳立石 尚之

紙 版

鎖国時代、日本の姿はヨーロッパでどのように伝わったか。現地で刊行された日本図、海図、鷹見泉石関係資料から読み解く。

出版年月2019年07月13日
ISBN978-4-87259-686-1 C1025
判型・頁数 A4判・92ページ
定価本体1,900円(税込2,090円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

鎖国状態にあった日本の姿をヨーロッパの人々はどのようにして知ったのか。
長崎出島のオランダ商館、交易を求めるロシア船などを通して、ヨーロッパに多数の日本図が運ばれた様子と、日本図が受容され、活用されていく経緯を、ヨーロッパで刊行された日本図や海図、鷹見泉石関係資料に伝来する日本図から読み解く。長久保赤水「改正日本輿地路程全図」のヨーロッパにおける受容と変容も初紹介。

はしがき
鎖国時代 海を渡った日本図
展示解説
コラム「長久保赤水の日本図と伊能忠敬の日本図」
展示資料目録
Maps of Japan Carried across Oceans during the Period of National Seclusion, 1636-1854
あとがき

小林 茂(コバヤシ シゲル)

大阪大学名誉教授・大阪観光大学教授

永用 俊彦(ナガヨウ トシヒコ)

鳴海 邦匡(ナルミ クニタダ)

甲南大学文学部教授

臼井 公宏(ウスイ キミヒロ)

小野寺 淳(オノデラ アツシ)

立石 尚之(タテイシ ナオユキ)

お客様向け情報

正誤表

0731.pdf