カート

よく検索される書籍>Recent Topics in Environmental Psychoacoustics市民のための世界史 改訂版近代日本と中国の装いの交流史大阪大学の歴史実践細胞診テキストEmergent Bilinguals and Educational Challenges at Public Schools in Japan

全ての書籍 社会語学 技能実習生と日本語教育

紙 版

技能実習生への日本語教育をめぐる制度と実態解明と、外国人労働者に必要な教育のあり方を考える(電子書籍・オンデマンド版発売中)

出版年月2021年10月01日
ISBN978-4-87259-738-7 C3037
判型・頁数 A5判・432ページ
定価本体6,000円(税込6,600円)
在庫品切れ・電子版あり
内容紹介
目 次
著者略歴

なぜ彼らは日本語ができないのか?――失踪、病気、自殺といった技能実習生をめぐる問題において、「言葉」の問題は決定的である。今や留学生の数を超える技能実習生たちには、どのような日本語教育が必要なのか。受け入れる我々は、彼らにどのように向き合っていくべきなのか。国内外の異なる立場の関係者の思惑に迫りながら、かみ合わない制度の実態と課題を浮き彫りにする。

まず、これまでの外国人労働者受け入れの経緯とともに技能実習制度・技能実習生の現状を整理し、彼らが各送り出し国でどのような制度・教育のもとに日本にやってくるのかを明らかにする。そして、受け入れ機関で行われている日本語教育や職場でのコミュニケーションの実情から、今後のあるべき交流を展望する。さらに先行事例として台湾、韓国の外国人労働者受け入れ制度の概容と課題を確認し、少子高齢化への対応を考える。

特別補論として、技能実習生の日本語能力の口頭アセスメント結果を掲載し、日本語能力にかかわる具体的な問題と需要を検討する。

前著『母語をなくさない日本語教育は可能か』で扱った日本に住む外国ルーツの子どもたちに続いて、日本で働く外国人労働者の課題を考え、外国人と共生できる社会を目指す。

はじめに
第1部 技能実習生と日本の制度
第1章  技能実習生への日本語教育
第2章  外国人労働者受け入れの経緯と概要

第2部 送り出し国における日本語教育
第3章 中国の労務輸出政策と送り出し機関の日本語教育
第4章 ベトナム人と外国人技能実習制度
第5章 ミャンマーにおける技能実習生の現状

第3部 受け入れ機関における日本語教育
第6章 ベトナム人技能実習生の受け入れ
第7章 受け入れ企業の実態と支援体制の整備
第8章 監理団体での入国後講習の役割

第4部 受け入れに伴う諸問題
第9章 EPA介護福祉士候補者と介護におけるコミュニケーション
第10章 地域日本語教室と技能実習生

第5部 受け入れ国の事例

第11章 台湾の外国人介護労働者と交り合う言葉
第12章 韓国における外国人施策と韓国語教育
特別補論 第13章  技能実習生の日本語口頭能力アセスメント試論

参考文献
おわりに
初出一覧・索引・著者一覧

真嶋潤子(マジマジュンコ)

大阪大学 名誉教授、招へい研究員

ジョージア大学(アメリカ)教育学大学院博士課程修了 教育学博士

牟田和男(ムタカズオ)

テュービンゲン大学(ドイツ)哲学・歴史学部修士課程修了

宋弘揚(ソウコウヨウ)

東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻博士後期課程(人文地理学)

金沢大学大学院人間社会環境研究科人文学専攻博士前期課程修了

道上史絵(ミチガミフミエ)

大阪大学大学院言語文化研究科日本語・日本文化専攻博士後期課程

津山工業高等専門学校総合理工学科 特命助教

大阪大学大学院言語文化研究科言語社会専攻博士前期課程修了

トゥ トゥ ヌェ エー(トゥ トゥ ヌェ エー)

岡山大学日本留学情報センター ミャンマー(OJEIC)アソシエイトコーディネーター

大阪大学大学院言語文化研究科日本語・日本文化専攻博士後期課程修了 博士(日本語・日本文化)

近藤美佳(コンドウミカ)

大阪大学大学院言語文化研究科言語社会専攻 助教

京都大学大学院人間・環境学研究科共生人間学専攻博士後期課程修了 博士(人間・環境学)

中谷真也(ナカタニシンヤ)

大阪大学言語文化研究科日本語・日本文化専攻博士後期課程

大阪大学大学院言語文化研究科日本語・日本文化専攻博士前期課程修了

荒島和子(アラシマカズコ)

大阪大学外国語学部 非常勤講師

大阪外国語大学大学院言語社会研究科国際言語社会専攻日本コース博士前期課程修了

吉川夏渚子(ヨシカワカナコ)

大阪大学外国語学部 非常勤講師

大阪大学大学院言語文化研究科日本語・日本文化専攻博士前期課程修了

藤原京佳(フジワラキョウカ)

京都産業大学 外国語契約講師

大阪大学大学院文学研究科文化表現論専攻博士後期課程単位取得退学 博士(文学)

樋口尊子(ヒグチタカコ)

大阪大学日本語日本文化教育センター 非常勤講師

立命館大学大学院言語教育情報研究科言語教育情報専攻修士課程修了

平井一樹(ヒライカズキ)

甲南大学国際交流センター 日本語特任講師

大阪外国語大学大学院言語社会研究科国際言語社会専攻日本コース博士前期課程修了

岩城あすか(イワキアスカ)

公益財団法人箕面市国際交流協会 箕面市立多文化交流センター 事務局次長

イスタンブール大学(トルコ)社会科学研究所修士課程修了

NEWS・イベント・書評等

書評・紹介 2023年6月14日

『技能実習生と日本語教育』が『移民政策研究』で書評

本書が『移民政策研究』15号で書評されました。「受け入れ機関で行われている日本語教育や職場でのコミュニケーションの実情を検証し、今後、どのように向き合うべきかを提言した好著」評者は宮崎里司先生(早稲田大学)です。


書評・紹介 2022年3月7日

『技能実習生と日本語教育』の書評が掲載されました

『図書新聞』3/12号に、『技能実習生と日本語教育』(真嶋潤子・編著)の書評が掲載されました。「「技能実習生」という多層的な課題に切り込む」評者は池上摩希子先生(早稲田大学)です。


書評・紹介 2021年11月1日

【メディアで紹介】『技能実習生と日本語教育』

ひつじ書房様ウェブマガジン『未草』誌上の連載「外国人労働者の受け入れに日本語教育は何ができるか」(田尻英三先生)にて『技能実習生と日本語教育』が紹介されています。
https://www.hituzi.co.jp/hituzigusa/2021/10/30/ukeire-26/


News 2021年10月11日

真嶋潤子先生のインタビューが掲載されました

大阪大学名誉教授・真嶋潤子先生(日本語教育学)のインタビュー記事が、大阪弁護士会広報誌9月号に掲載されました。「学校には来ているのに日本語もわからないまま放置される子が日本で何万人もいる」ぜひご一読ください。
http://www.osakaben.or.jp/matter/db/pdf/2021/oba_newsletter-232.pdf

関連書籍