カート

よく検索される書籍>ドーナツを穴だけ残して食べる方法船 この巨大で力強い輸送システム環境と化学物質分散化時代の政策調整リスク社会を生きる若者たちフランス表象文化史

全ての書籍 不透明の彼方の作家ケジラハビ

不透明の彼方の作家ケジラハビ

スワヒリ語文学界の挑発者

小野田 風子

紙 版電子版

自由詩と実験的小説を確立させた、現代スワヒリ語文学の代表的作家に関する日本初の包括的研究書。スワヒリ語文学小史も付す。

出版年月2022年08月31日
ISBN978-4-87259-758-5 C3098
判型・頁数 A5判・386ページ
定価本体6,300円(税込6,930円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

スワヒリ語文学史上最も重要な作家に関する日本初の本格的研究



現代スワヒリ語文学の代表的作家であるケジラハビ(Euphrase Kezilahabi, 1944‐2020)は、伝統や既存の形式を越え、自由詩と実験的小説というジャンルを確立させた。本書では、社会的、文化的、政治的背景との関係から作品群を読み解き、ケジラハビの作家像に迫る。同時に、作品の不透明性や猥雑性といった特徴に着目し、その表現の根本にあるアフリカ地域の現実を論じつつ、日本のケータイ小説との類似性にも言及する。

日本で初めての包括的かつ網羅的な現代スワヒリ語文学作家論であり、今後のアフリカ文学研究の指針となる画期的な研究書。スワヒリ語の言語学的特徴やスワヒリ語の口承文芸、詩、散文の成り立ちや受容にもページを割き、日本語で読める唯一のスワヒリ語文学小史としても重要な1冊。

序章



第Ⅰ部 スワヒリ語文学とケジラハビ



第一章 スワヒリ語文学覚え書き

 第一節 スワヒリ語とは

 第二節 スワヒリ語の口承文芸

 第三節 スワヒリ語詩

 第四節 スワヒリ語の散文

 第五節 スワヒリ語文学の受容の場



第二章 ケジラハビの人物像と作品

 第一節 ケジラハビの経歴

 第二節 ケジラハビに関するこれまでの研究

 第三節 小説と戯曲のあらすじ

 第四節 ケジラハビ自身の博士論文



第Ⅱ部 ケジラハビの作家像と作品をめぐる議論



第三章 スワヒリ語文学における変革者としてのケジラハビ

 第一節 詩における革新―自由詩―

 第二節 小説における革新―実験的小説―



第四章 特定の社会の産物としてのケジラハビ

 第一節 ケジラハビ作品における政治性

 第二節 猥雑性と声の文化



終章

小野田 風子(オノダ フウコ)

1991年京都府宇治市生まれ。大阪大学大学院言語文化研究科博士後期課程修了。2022年8月から大阪大学大学院人文学研究科特任助教。専門はスワヒリ語文学、アフリカ文学。主な論文に「より多様な未来を描く――アフリカ言語芸術研究の提案」(『アフリカ研究』100: 73-77, 2022)、“The Social Orientation of Kiswahili Poetry”(Dynamism in African Language and Literature: Towards Conceptualisation of African Potentials. Eds: Keiko Takemura & Francis B. Nyamnjoh, Langaa Research & Publishing Common Initiative Group, 2021)などがある。現在ケジラハビの実験的な小説『ナゴナ』の邦訳に取り組んでいる。

NEWS・イベント・書評等

受賞 2023年6月15日

小野田風子先生が日本アフリカ学会研究奨励賞を受賞

『不透明の彼方の作家ケジラハビースワヒリ語文学界の挑発者』の小野田風子先生が、日本アフリカ学会・第35回研究奨励賞を受賞されました。「現代スワヒリ語文学のみならず、現代アフリカ文学研究にとって貴重な文献」おめでとうございます!
https://african-studies.com/syoreisyo/fy2023-onoda/


受賞 2023年5月18日

第35回日本アフリカ学会 研究奨励賞受賞『不透明の彼方の作家 ケジラハビ』

本書著者 小野田風子先生[受賞対象業績]『不透明の彼方の作家ケジラハビ』が2023年度日本アフリカ学会 研究奨励賞を受賞されました。


書評・紹介 2023年1月5日

読売「書評委員が選ぶ3冊」に選ばれました

『不透明の彼方の作家ケジラハビ』が、2022年の読売新聞「読書委員が選ぶ3冊」に選ばれました。選定は小川さやか先生(立命館大学)です。
https://www.yomiuri.co.jp/culture/book/feature/CO036371/20221226-OYT8T50060/


書評・紹介 2023年1月4日

『不透明の彼方の作家ケジラハビ』「図書新聞」1月14日号にて書評が掲載されました

「スワヒリ語文学の変革者にして伝統の継承者―自らが身を置く環境と深くかかわり合いながら、創造性を発揮しようと思考錯誤してきた作家ケジラハビ」(評者:粟飯原文子先生・法政大学)
https://www.osaka-up.or.jp/book.php?isbn=978-4-87259-758-5


書評・紹介 2022年12月20日

『図書新聞』の読書アンケートで取り上げられました

『図書新聞』(12月24日号)22年下半期読書アンケートにて、中村隆之先生に小会刊『不透明の彼方の作家ケジラハビ:スワヒリ語文学界の挑発者』(小野田 風子 著)を取り上げていただきました。