カート

よく検索される書籍>著作(その三)やりすぎの経済学ソクラティク・ダイアローグ Structural Colors in Biologocal Systems「世界」をどう問うか?漢方今昔物語

岸本忠三出版助成

 大阪大学出版会は、主として出版活動を通じて大阪大学の教育・研究活動を支援するために、大阪大学創立60周年記念事業の一環として1993年に発足しました。大阪大学の研究・教育・社会貢献という三つの機能に対して出版を通じて参画するため、大阪大学の理解と協力を得ながら、学術図書、教育用図書、学術教養図書等の刊行頒布を行っています。
 第14代大阪大学総長・元大阪大学医学部長であり、慢性関節リウマチなどの自己免疫疾患の研究・治療において重要な分子IL-6の発見、およびIL-6受容体抗体の開発という大きな功績により文化勲章を受章された岸本忠三先生は、大阪大学における独創的な研究成果をより広く普及させるため、2018年に本助成制度創設のための原資を寄付されました。本助成は、大阪大学における各分野の独創的で優れた研究成果を書籍等として出版することを支援し、研究活動の推進、研究者の育成、新たな知の創造と教育研究の振興に資することを目的としています。
 大学における研究の高度化・細分化や学問領域の融合が進むなか、大学出版の役割と重要性はますます高まっています。出版を通じた学術交流によって、広く深く真理を探究し、分野を超えて人と人とを結びつけて新たな視点を生み出すこと、さらには、研究成果を広く公開して社会に還元する形で「開かれた大学」に貢献することが求められています。本制度による出版を通じて、理系・文系の別を問わず、大阪大学における学術的成果を広く公表・普及し、もって学術の振興と文化の向上に寄与する所存です。

以下の要項に基づき、2024年度の企画を募集します。
本出版助成創設の趣旨をご理解頂き、関係各位のご協力をお願い申し上げます。

応募書類・募集要項はこちらからダウンロードしてください。
■出版企画書・研究歴:

◆2024年度の締切について
・メール送信は、2024年4月30日受信まで有効
・プリントアウト(郵送)は、2024年4月30日消印まで有効
・プリントアウト(学内便)は、2024年4月30日到着まで有効

募 集 要 項

1
出版助成の目的

大阪大学における各分野の独創的で優れた研究成果を書籍等として出版することを支援し、
研究活動の推進、研究者の育成、新たな知の創造と教育研究の振興に資することを目的とする。

2
応募の資格

大阪大学に在籍しているまたは在籍していた個人。

3
助成の対象

以下の4項目を満たすものとする。

①大阪大学における研究成果(科研費等のプロジェクト研究成果および博士論文等を含む)をもとにした企画

②大阪大学の専任教授・准教授による推薦を受けた企画

③個人または複数による学術的著作として未刊行の企画

④1冊の書籍として出版するのに適した分量の企画

4
助成金額・点数

200万円以内/点 ※最大5点まで(紙媒体と電子書籍による刊行)

5
応募方法(⑦応募にあたっての注意を参照のこと。)

2024年4月30日までに、以下、①~③を大阪大学出版会まで提出する。
①出版企画書    メール添付(Word等の文書データ)およびプリントアウト
②応募者の研究歴  メール添付(Word等の文書データ)およびプリントアウト
③完成した原稿等  PDFデータ(送信方法は任意)およびプリントアウト(A4サイズで両面印刷し、ファイル等に綴じる)
なお、①、②の様式は大阪大学出版会ホームページ(https://www.osaka-up.or.jp/kishimoto.html)からダウンロードし、合計4ページ以内(A4サイズで両面印刷)に収めること。

◆2024年度の締切について
・メール送信は、2024年4月30日受信まで有効
・プリントアウト(郵送)は、2024年4月30日消印まで有効
・プリントアウト(学内便)は、2024年4月30日到着まで有効

6
審査・選考

●大阪大学出版会による審査を行ったのち、大阪大学出版会出版委員会において最終選考 を行う。なお、出版委員以外の研究者による査読を行うことがある。

●選考結果は、2024年8月に応募者に対し、大阪大学出版会から通知する。採択企画は、2025年6月30日までに刊行する。

7
応募にあたっての注意

①他の出版助成等と並行しての応募は不可とする。

②「完成した原稿等」は、著者の研究活動成果としての未発表の論文またはそれに準ずる論文等に基づいたものとし、応募後に校正の範疇を超えて修正する必要のないものとする。なお、出版期日までに出版することが困難と見込まれる原稿は応募しないこと。

③執筆、校正及び転載にかかる著作権処理は著者の責任において行うが、大阪大学出版会は、採択後に学術図書として出版するために必要な編集や、著者に対する原稿修正の要請を行うことがある。

④「完成した原稿等」は、Word等の文書データおよびjpg等のモノクロ画像データ(図)、Excel等の表データ(表)の状態で用意しておくこと(採択後に要提出)。

⑤初刷および電子書籍についての著作権使用料(印税)は発生しない。

⑥出版部数、定価及び出版形式等は出版会が決定する。

⑦著者は採択後すみやかに、大阪大学出版会と出版契約を締結することとする。

8
応募・お問合せ先

大阪大学出版会
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-7 大阪大学ウエストフロント(学内便可)
電話:06-6877-5405(編集部) e-mail:shien@osaka-up.or.jp
https://www.osaka-up.or.jp/kishimoto.html(「岸本忠三出版助成」)