書籍検索 書籍一覧 教科書 シリーズ・叢書 阪大リーブル 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ シリーズ人間科学 シリーズ臨床哲学 大阪大学法史学研究叢書 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連
オンデマンド(少部数)出版のご案内
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
岸本忠三出版助成
出版支援制度
Twitter
facebook

受賞一覧

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

受賞図書
書評
2022.05.11  

毎日新聞で『学力格差を克服する学校文化』が紹介されました『学力格差を克服する学校文化』(西徳宏・著)が、5/11の毎日新聞朝刊にて紹介されました。

「教員が子供の小さなつまずきにも全力で応じる様子が丁寧につづられている目線は柔らかく、優しい」

2022.04.19  

『台湾華語』がお薦め本として紹介されました『国際貿易』紙上にて『台湾華語』(林初梅、吉田真悟・著)が「お薦め語学書」として紹介されました。

2022.04.19  

『復興のための記憶論』『記録と史料』第32号に、『復興のための記憶論―野田村被災写真返却お茶会のエスノグラフィー』(宮前良平・著)の書評が掲載されました。評者は宇野淳子先生(立教大学)です。

2022.04.19  

『アーカイブズとアーキビスト』【書評】『記録と史料』誌に『アーカイブズとアーキビスト』(大阪大学アーカイブズ・編)の書評が掲載されました。「だれもが先に「アーキビスト」たる基礎知識を身に着けるところから始めるべきなのだろう」(評:鎌田和栄氏=高知長野市立図書館)

2022.04.12  

『中世盛期北フランスの諸侯権力』(上山益己・著)本書の書評が、『西洋史学論集』第59号に掲載されました。評者は大浜聖香子先生(九州大学)です。
「各諸侯家系の叙述史料の丁寧な読みから浮かび上がってくる諸侯の行う政治的戦略、解き明かされる記憶やイメージを活用した統治の実態」

2022.04.01  

『ヘンリー・A・ウォーレス』の書評が掲載されました『アメリカ学会会報』207号(2021年11月号)にて、『ヘンリー・A・ウォーレス―孤高の政治家が目指した核なき世界』(島本マヤ子・著)の書評を掲載いただきました。評者は西岡達裕先生です。

2022.03.31  

【雑誌掲載】『外国人介護士と働くための異文化理解』『月刊ケアマネジメント』4月号にて本書をご紹介頂きました。「外国人介護士の文化的背景を知り、日本という国を選んでもらうには、またできるだけ長く働いてもらうにはどうするか?」

2022.03.28  

『植民暴力の記憶と日本人』が紹介されました『植民暴力の記憶と日本人』が、『週刊金曜日』2022年3月18日号にて紹介されました。

2022.03.16  

『アーカイブズとアーキビスト』の書評が掲載されました『アーカイブズとアーキビストー記録を守り伝える担い手たち』の書評が、学習院大学の『GCAS report : 学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻研究年報』11号に掲載されました。

2022.03.07  

『対抗文化史』の書評が掲載されました『図書新聞』3/12号に、『対抗文化史―冷戦期日本の表現と運動』(宇野田尚哉,坪井秀人 編著)の書評が掲載されました。「多彩な対抗的表現を対象とする共同研究の成果」評者は水溜真由美先生(北海道大学)です。

2022.03.07  

『技能実習生と日本語教育』の書評が掲載されました『図書新聞』3/12号に、『技能実習生と日本語教育』(真嶋潤子・編著)の書評が掲載されました。「「技能実習生」という多層的な課題に切り込む」評者は池上摩希子先生(早稲田大学)です。

2022.02.28  

『アーカイブズとアーキビスト』書評掲載のお知らせ【書評掲載】『アーカイブズとアーキビスト』(大阪大学アーカイブズ・編)の書評が、『経済史研究』25号に掲載されました。「教育への誘導を前提とした入門書・啓蒙書と位置づけられる。先にぜひ一読を勧めておきたい」評者は針谷武志先生(別府大学)です。

2022.02.24  

【新聞掲載】『生成される平和の民族誌』が図書新聞に掲載されました。図書新聞 2022年2月26日発売2022年3月5日5号に書評が掲載されました。(評者:佐本英規先生、筑波大学)

2022.02.21  

『元好問とその時代』の書評が『史学雑誌』に掲載されました『元好問とその時代』(高橋文治・著)の書評が、史学雑誌第131巻9号に掲載されました。評者は飯山知保先生(早稲田大学)です。「文学・歴史研究の理想的な融合であり、金元時代史研究の最新の到達点を示す」

2022.02.14  

【学会誌紹介】『復興のための記憶論』が「アーカイブズ学研究第35号」にて紹介されました。「アーカイブズ学研究第35号」(日本アーカイブズ学会2021年12月発行)にて
宮前良平『復興のための記憶論 ―野田村被災写真返却お茶会のエスノグラフィー―』 が紹介されました(紹介者:雲然祥子先生)