カート

よく検索される書籍>著作(その三)「世界」をどう問うか?やりすぎの経済学復興のための記憶論市場化のなかの北欧諸国と日本の介護漢方今昔物語

全ての書籍 シリーズ・叢書医学・歯学・薬学 情報化時代の歯科医療

大阪大学新世紀セミナー

情報化時代の歯科医療

前田 芳信 編集

紙 版

最新の歯科口腔外科,矯正歯科,歯科補綴

出版年月2002年03月
ISBN978-4-87259-124-8 C1347
判型・頁数 A5判・86ページ
定価本体1,000円(税込1,100円)
在庫在庫僅少
内容紹介
目 次
著者略歴

情報通信技術の進歩と普及は医療の分野でも顕著であり、ここでは現在の歯科医療の中でコンピュータ、情報技術がどのように生かされているかについて、歯科口腔外科、矯正歯科、歯科補綴の三分野に絞って解説する。

"第Ⅰ部   これまでの歯科医療
第Ⅱ部  歯科医療とコンピューター技術
第一章病的な部分をとりさり、修正する領域−「口腔外科」での応用−
第二章噛み合わせと顔面の形態を変化させる領域−「矯正歯科」での応用−
第三章失われた歯の形態と機能を回復させる領域−「歯科補綴」での応用−
第四章治療に必要な情報を集積分析する領域−「歯科医療情報」−


"

前田 芳信(マエダ ヨシノブ)

大阪大学歯学部附属病院教授