カート

よく検索される書籍>ペルシア語保健・医療・介護における財源と給付の経済学船 この巨大で力強い輸送システムアートエリアB1 5周年記念記録集 上方遊歩46景日本昔話の構造と語り手論文作成のための文章力向上プログラム

全ての書籍 歴史・地理適塾・懐徳堂関連 懐徳堂の歴史を読む

懐徳堂の歴史を読む

湯浅 邦弘竹田 健二

紙 版

享保9年(1724)、懐徳堂は大坂の五人の有力町人により創建され、富永仲基、山片蟠桃らの多数の人材を世に輩出してきた。
 本書は、平成15年に公開された「大阪大学懐徳堂文庫」や「アーカイブ講座」開催などの成果を受けて、アーカイブという観点から懐徳堂の歴史とその魅力をまとめたものである。
 今回は、大正天皇に献上された懐徳堂の編年史『懐徳堂紀年』を初めて詳細に紹介した。また、懐徳堂の主要人物や主要資料を解説し、また、報道機関や一般の方からよく質問される事項を問題集としてまとめるなど、懐徳堂を知るための諸情報を記した。

出版年月2005年03月
ISBN978-4-87259-190-3 C0021
判型・頁数 B5判・60ページ
定価本体1,000円(税込1,100円)
在庫在庫あり
内容紹介
著者略歴

享保9年(1724)、懐徳堂は大坂の五人の有力町人により創建され、富永仲基、山片蟠桃らの多数の人材を世に輩出してきた。
 本書は、平成15年に公開された「大阪大学懐徳堂文庫」や「アーカイブ講座」開催などの成果を受けて、アーカイブという観点から懐徳堂の歴史とその魅力をまとめたものである。
 今回は、大正天皇に献上された懐徳堂の編年史『懐徳堂紀年』を初めて詳細に紹介した。また、懐徳堂の主要人物や主要資料を解説し、また、報道機関や一般の方からよく質問される事項を問題集としてまとめるなど、懐徳堂を知るための諸情報を記した。

湯浅 邦弘(ユアサ クニヒロ)

竹田 健二(タケダ ケンジ)