カート

よく検索される書籍>金森順次郎  第十三代大阪大学総長回顧録工学系の数学解析駐日スイス公使が見た第二次世界大戦不透明の彼方の作家ケジラハビ田中敦子と具体美術協会「社会」はどう作られるか?

全ての書籍 哲学・思想・宗教シリーズ臨床哲学 こどものてつがく

シリーズ臨床哲学 3

こどものてつがく

ケアと幸せのための対話

鷲田清一 監修/高橋 綾本間直樹 ほんま なほ

紙 版電子版

こどもの哲学は、ケア的な哲学対話である。表現を学び、語り合い、考える経験から、信頼を育み、困難や挫折を乗り越える力をつける。

出版年月2018年04月01日
ISBN978-4-87259-580-2 C3010
判型・頁数 四六判・392ページ
定価本体2,500円(税込2,750円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

こどもの哲学は、思考や議論の訓練ではなく、ケア的な哲学対話である。自分で表現することを学び、他人と語り合い、ともに考えるという経験から、自己や他者についての信頼、言葉やコミュニティへの信頼を育み、困難や挫折を他人とともに乗り越える力をつける。筆者らが見出したこどもの哲学、哲学の姿を、国内外の対話の紹介や「こどもとは?」「哲学するとは?」「教育とは?」という問いへの考察から提示する。

第1部 〈こどもの哲学〉との出会いと展開

第1章 学校での臨床哲学

第2章 こどものケアと幸せのための対話
 
第2部 世界の〈こどもの哲学〉を旅して

第1章  こどもの哲学探訪記

第2章  自律と自治のための/としての〈こどもの哲学〉― メキシコにおける「こどものための哲学」国際会議に参加して

第3章 Dr. J とp4c ハワイの魔法
 
第3部 日本での〈こどもの哲学〉の実践

第1章  兵庫県西宮市の小学校での「こどもの哲学」の試み

第2章 美術館で対話する  

第3章  少年院における対話ワークショップ―対話のなかで「倫理的主体になる」ということ

第4章  中高生と考える、3. 11 からの対話リレー

第4部 ケアと幸せのための対話

第1章 フィロ、ソファ、イエス!

第2章  こどもから「哲学するとはどういうことか」を学ぶ

付録  震災についての対話の発言録

鷲田清一(ワシダキヨカズ)

高橋 綾(タカハシアヤ)

本間直樹 ほんま なほ(ホンマナオキ)